「BUYING」カテゴリーアーカイブ

2020 SPRING & SUMMER BUYING 3RD DAY

バイイング最終日はm.a+から始まります。

やはり最終日に相応しく毎回キャリアを更新するコレクション群、今回もかなり見所満載です。

既存のコレクションもさる事ながらマウリッツオ氏の溢れ出る才能により急ピッチに披露された”SARTOR”ライン。

ラインというよりは別ブランドとしての発信。

世界各国の厳選された素材をマウリッツオ氏により感覚的に型にするプロダクトです。

根底にはファッションは文化という産業やビジネスでは無いよりナチュラルで

クリーンな思想のもと、手仕事で生み出され芸術的作品。

現代のトレンドからファストファッションまでもを覆す、物を大切にすることを改めて認識させられました。
写真や文章ではうまく伝わらないので気になる方は直接店頭まで是非!

もちろん”m.a+”も新作多数で目が離せません。

ここでは多くは語らず店頭に来た方には良いことがあるとそうお伝えさせて頂きます。

パリバイイングラストはボリスビジャンサベリ。

“bio indumentary”というテーマは人体と科学的なガーメントが融合することにより

未知なる生物を表現するという洋服の可能性を無限大に表現したコレクション。

キーカラーとなる真紅色は”ブラッド”所謂血をイメージしたカラー。

幾重にも施されたテープ加工は血管をイメージしたデザイン。


猟奇的でかつ美しいデザインは人体の神秘を洋服で表した様にも感じました。


また久々にショールームにボリス氏が滞在しており直接コレクションの説明をしてくれて終始鳥肌立ちっぱなし。


画像がNGなのが残念ですが、情報が蔓延する現代、これぐらいの規制がある方が興味をそそられて良いのでは。

半年後歓喜の渦と共に店頭に並んだコレクションを想像すると今から楽しみで仕方ありません。

その他のバイイング情報は店頭で詳しくお話させて頂きますので是非お越しくださいませ。

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

2020 SPRING & SUMMER BUYING 2ND DAY

バイイング2日目はコディサンダーソンからスタート。
東京にも旗艦店ができ、ますます盛り上がりを見せています。

新作はさることながら最近はペンダントの組み合わせなど新たな打ち出し提案。
着実にインディアンジュエリーブランドとして浸透してきた事を実感しました。

また合同ショールームは新たなブランド発見のタイミングでもあります。こちらもしっかりリサーチ。

レーベルアンダーコンストラクションはいつもの様にデザイナーのルカ氏が暖かくお出迎え。

終始コレクションに対する思いや技法について丁寧に教えてくれました。

素材によってはカラーバリエーションが8色と豊富にあり、珍しくマスタードカラーも登場。

デザインのラインに使用したり、そのまま単色のニットで表現したりとアクセントに最適のアイテム。

モデファイした2Bジャケットも普段使いにちょうど良い。

シンプルながらルカ氏のテクニカルな部分が垣間見れるコレクションに乞うご期待。

リックオウエンスとマルジェラは画像がNGですのでお伝え出来る範囲内で。

リックのトピックはコラボアイテム、コレクションもより大人にスタイルに移行しているように感じました。

マルジェラはパワー(アイコン)アイテムを更に強化。

幅広いターゲット層に向けたコレクション。

マルジェラが定義する自由な発想のオーセンティシティ。

多くの人から愛されるブランド力を入れ改めて感じました。

いよいよ明日はバイイング最終日、残すブランドに乞うご期待です。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

2020 SPRING & SUMMER BUYING 1ST DAY

パリバイイング1日目はトラノイのブランドリサーチからスタートです。

新生ブランド含め現在のトレンドも確認する良い機会になりました。

トラノイの後は既存ブランドの展示会、まずはタイチムラカミから。

近年のコレクションの中で特殊な技法のオリガミスリーブと

アンインターセプトパターンを展開してプレゼンテーション。

平面で見るパターンは複雑かつ構築的。

タイチムラカミのこだわりを視覚的に見ることによって更に魅力が増しました。

10年前と比べてナイロンなどの化繊が天然素材を超える時代を見据えたコレクション。

またもう一つのアイデンティティであるオプティカシリーズも目が離せないトピックとなりました。

GUIDIの展示会場はエントランスからの演出。
真っ暗闇に照らされた映像は靴の製作動画。
映像だけど思いきや展示会場に職人の作業スペースが設置されており見学出来る打ち出しには驚きました。
写真のナチュラルカラーの靴はなんと製品染めをする前の製品。
貴重な工程を拝見できる貴重な機会でした。
トピックはブラウンカラーが久々の登場、新作のジップスリッポンなど伝統を
凌駕する素晴らしいコレクションとなりました。

2019-20 AUTUMN & WINTER BUYING 3RD DAY

パリバイイング最終日はm.a+から始まります。

毎シーズンキャリアを更新するかの如く素晴らしいコレクションを発表するm.a+。

今回も期待以上の作品群に終始テンションも上がりっぱなし。

まずは前回からスタイリングでの打ち出しに変えたことにより提案がより分かりやすく、

それぞれのシルエットごとの魅力が明確に表現されていました。

アルチザンをかなり匂わせるゴートレザーのトレンチからウォータープルーフナイロンの

ハイカラーワイドコートと幅広い内容は様々な男性のワードローブに対応できるコレクションです。

またウールコットンジャージは安価ながら秋冬のインナーからアウターまで使える万能素材。

アウトドアテイストのコットンナイロンなど言い出せばキリが無いぐらいのトピック満載。

今週末は店頭で是非内容を聞きに来て下さい。

パリバイイングラストはボリスビジャンサベリ。

こちらも展示会場と商品写真はNGですのでランウェイの画像を見ながらご説明させて頂きます。

シーズンカラーは素材によって様々な発色が出るグリーンカラー。

銅が錆び緑になるところからのインスパイア。

トピックアイテムはフライトジャケットとハンドで編まれたニットシリーズ。

18awでは即完売でしたので多少数も入れています。

画像はデザイン性が強いのですがセレクトしたモデルはベーシックなアイテムですのでご安心下さい。

また人気のパンツはヒッコリー素材やコーデュロイなどボリスがブランドを始めた時に使用していたテイストを採用。

程よく抜け感があり同ブランド以外にも合わせやすいと思います。

また価格を抑えたカシミア混素材がありましたのでジッパーシリーズ全てセレクト。

引き続きご期待下さいませ。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

2019-20 AUTUMN & WINTER BUYING 2ND DAY

バイイング2日目はコディサンダーソンからスタート。

シーズンを重ねるごとに海外のお客さんが増えている印象。

パリコレに参加し今まで以上にファッション性の高いアイテムも多く登場しました。

展示会場のラグジュアリーな雰囲気にも負けない力強いジュエリーは

きっと来秋冬コディ旋風を巻き起こすことでしょう。

秋のイベントの話もでき、充実のバイイングとなりました。

タイチムラカミはハイテクウェアとクラシックウェアを提案。

ハイテクウェアは2019春夏に登場した3レイヤーナイロン素材のアイテムがパワーアップして登場。

アルチザンスポーツと言っても過言ではない新たなスタイルを確立しました。

フライトキャップや新作のアイウェアと小物まで抜かりないコレクション。

写真のアノラックはやはり完璧な仕上がり。春夏買いそびれた方は要チェックですね。

2日目ラストはメゾンマルジェラ。

写真やテーマに関することはNGなので少しオブラートに包みながらご紹介。

今回のコレクションは今までと雰囲気をガラッと変えたクリーンなものに移行。

クリーンながらもマルジェライズムが組み込まれたアイテムは今まで以上に洗礼されたモード、ストリートどちらも感じさせるコレクション。

プライスレンジも改良されプレコレクションより買いやすいトピックもあり。

グラムスラムのウエストバッグやミニショルダーの5ACとパワーアイテムも多数登場しました。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

2019-20 AUTUMN & WINTER BUYING 1ST DAY

2019年秋冬バイイングスタート致します。

ブログ、インスタグラムにてリアルタイムで更新して参りますので皆様お楽しみ下さいませ。

1日目はGUIDIから始まります。

まず目を惹く植物とレザーシューズの融合した作品はなんと日本人アーティストによるもの。

展示会場のレイアウトもその方が手掛けたそう。自然が織りなす芸術に早々と感動しました。

トピックとしてはカンガルーレザーにラッカー加工を施したムラのあるレザーや

初のナイロンとレザーのコンビなど小物やバッグなど

新型も登場しさらに勢いのあるコレクションになりました。

秋冬は特別なイベントも計画してますのでご期待下さいませ。

コーネリアンタウラスのシーズンテーマは「目的と機能」

様々な使用目的に対し、ディテールや素材などを追求。

バッグとしての機能を最大限に表現したコレクションになりました。

新作のリュックは防水加工の施されたコットンキャンバスのカバー付き。

もちろん中身のリュックも洗礼されたデザインでかなり良かったです。

またマットシュリンクステアレザーから新色のグレーが登場。

ヌメ革の変化が楽しめる素材です。リュックの詳細は是非店頭で。

3社目はDEEPTIです。残念ながら写真はNGですので文章のみご覧下さい。

今期はクラシックをテーマにしながらDEEPTI独自の生地やディテールを加えることで新たなクラシックを提案。

40年代から80年代まで幅広くインスパイアされたアイテム群はクラシックという印象はなくどれも新鮮に感じました。

得意のロークロッチパンツは今回60〜70年代スタイル、ロンTは40〜50年代など洋服のルーツも楽しめるコレクションでした。

一部とっておきのニューラインもありましたがこちらは店頭のみお伝えさせて頂きます。

バイイング1日目ラストはレーベルアンダーコンストラクション。

限りなく完璧に近い定番のアップデートはブランドの進化を感じました。

ニットで表現するアイテムの数々、特にボンバージャケットはレーベルのアイデンティティが強く感じられる一品。

終始デザイナーのルカ氏が丁寧に説明してくれてアイテムだけではない魅力を伝えてくれたことに感謝。

レーベルの魅力を再認識できるコレクションを乞うご期待下さいませ。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

2019 SPRING & SUMMER BUYING 4THDAY

4日目はミラノに移動してキャロルクリスチャンポエルのアトリエに移動。

ミラノ中心街から車まで20分ほどの位置に昨年の3月から移動、

全3フロアからなるビル一棟をポエル氏自身が内装など細かく確認しながら仕上げたそう。

新しいコレクションは発表していないにもかかわらずこの時期は各国のバイヤーの訪問が多いそうです。

社長のセルジオ氏も訪れると良いことがあるよ!と言う通り今回も素晴らしい朗報が!!

SNSではお伝え出来ないので是非店頭まで。

只今リオーダー可能なサンプルは全て写真に収めておりますので気になる方は是非ご連絡下さい。

物創りに関してはかなりストイックなポエル氏。

今でも全ての商品を最終チェックし、少しでも不満があればやり直しという徹底ぶり。

それ故に全てのアイテムが完璧に上がってきます。

ドリップラバーの秘密や過去のシルバーコレクションなど情報多数。

何より働いているスタッフの方々皆んながウェルカムで暖かく素晴らしい会社、ブランドであることを改めて感じました。

是非皆様とっておきの情報を聞きにご来店くださいませ。

キャロルクリスチャンポエルのアトリエ後はフライトまでミラノリサーチです。

ミラノ有名店アントニオオーリやコルソコモ本店など見てきました。

10コルソコモは雑貨も多くお土産目当てに観光の方で賑わっておりました。 

緑に覆われたビルも圧巻。洋服だけでは無く建築物にも感性を感じるミラノでした。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

2019 SPRING & SUMMER BUYING 3RDDAY

3日目はボリスビジャンサベリから始まります。

展示会の場所を変え、かなり広々としたセーヌ川沿いのスペースでの提案はかなり新鮮でした。

残念ながら写真はNGになります。

今回のコレクションテーマは炭鉱夫。

炭鉱夫が着ていたデザインや当時の生地などを研究しボリス流に落とし込み。

ボリスエクスクルーシブのジャージ素材、完全に両表のリバーシブルアイテム。

またカラーに関しては視覚障害の見える世界をもとに黒から白のカラーチャート。

カルチャーやストリートを感じさせながら6割の生地が上質な日本素材。

日本の生地文化とボリスが融合した素晴らしいコレクションとなりました。

パリバイイングラストはやはりここm.a+です。

緑の空間が清々しくまたこの雰囲気にあうナチュラルなテイストはよりアイテムの魅力を引き立てます。

今回からは見せ方も大きな変化、スタイリングというストーリー性のあるプレゼンテーション。

トピックとしてはスポーツテイストのナイロンパーカー。

ハンドダイのホースレザーシューズやハンドペイントのTシャツなどより手仕事が感じられるコレクション。

香水の打ち出しも面白く至る所にディスプレイされていました。

布帛、ジャージ、レザー全てにおいて隙の無いm.a+にご期待下さいませ。

明日はミラノに行きキャロルクリスチャンポエルの情報をお伝え予定です。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

 

2019 SPRING & SUMMER BUYING 2NDDAY

バイイング2日目はリックオウエンスから始まります。

※展示会の写真はNGです。

今回はメインコレクションラインからもリアルクローズを意識したアイテムも多数登場。

た定番ラインからはベーシックを追求し、トレンドながらもリックの上品さを感じさせる

コーチジャケットやワイドクロップドパンツを提案していました。

トピックとしては人気のカーゴジョグパンツの素材にTE(コットンストレッチ)が使用出来るなど

スタイルの幅も広がり、ますます目が離せない19年春夏。

ロゴで打ち出さない洋服本来の魅力を堪能できるコレクションにご期待下さいませ。

 

2社目はゴディサンダーソン。パリでコレクションを発表してからこれで3回目。

パリコレに定着したと感じる理由はヨーロッパのセレクトショップのバイヤーも多数訪れていました。

新作は繊細なモチーフからゴディオリジナルスタンプのインディアン色が強いアイテムまで幅広く登場。

しばしゴディ氏との再会を楽しみながらの展示会。

ワールドワイドな発信に向けてこちらも今後の展開が非常に楽しみです。 

3社目はタイチムラカミです。

コレクションを追うごとにますますアイデンティティが色濃くなってきました。

今回はハイテク素材をタイチ流に解釈。ゴアテックス的な素材の撥水加工を1度全て無効にしてからの生地染め、

その後もう一度撥水加工を施すことによりヴィンテージとハイテクの共存を可能に。

初のアノラックパーカーは定番のマウンテンパーカーを越える仕上がり。

天然のインディゴ染めなど言葉では言い尽くせないほどのこだわりが。

人気のメガネには後付けできるパーツが登場。
これは思わず個人オーダーしました。メガネとセットで是非。

2日目ラストはメゾンマルジェラ。

前回から完全にガリアーノ氏がディレクションを始めたメンズコレクション。

今回もガリアーノ色が色濃く出ていました。※画像と詳細はNGです。

70年代を彷彿させるアイテムも多く、古着屋で宝物を探すそんな感覚さえ感じました。

無頓着に計算されたシルエットはどこか懐かしくもありながら現代のストリートシーンにも通用するバランス。

ステレオタイプのスニーカーが、、、などお伝えしたいこと多数ですが

細かくは禁止されておりますので是非帰国後に聞いて下さい。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail

        

2019 SPRING & SUMMER BUYING 1STDAY

2019年春夏バイイングスタート致します。

ブログ、インスタグラムにてリアルタイムで更新して参りますので皆様お楽しみ下さいませ。

バイイング初日は合同展示会のトラノイから始まります。

ここでは新ブランドの発掘を。様々なブランドが個性を出し合いひしめく場所。

ファッションの楽しさが感じられるトラノイでした。

アルミボンディングのレザーを使用したメイドインジャパンのバッグブランドなど気になるブランドをチェック。

出品ブランドはトレンドのストリート色が強かったように感じました。

 

洋服もさることながら建物も非常に魅力的。天井の装飾はいつ見ても圧巻ですね。

2社目はレーベルアンダーコンストラクションです。

ブランドが得意とするテクニカルなファブリック提案。

サイズ感も新調しより幅広いスタイリングに使用出来そうです。

デザイナーのルカ氏とは今後の展開についても色々な意見を出し合いました。

究極のベーシックは今後も目が離せません。

3社目はGUIDI。世界的に好調ということもあり展示会場は各国のバイヤーで賑わっておりました。

シーズンカラーは鮮やかな色が美しいネオンイエローとネオングリーン。

緑がかったイエローはなんとも言えない魅力的なカラーです。

どのモデルでリクエストしたかは乞うご期待。

おでこ短靴やQ10バッグの一回り小さいバッグも登場し、ますます隙の無くなったGUIDI。  

エントランスに見える圧巻のディスプレイはよく見ると実際に穴を開けシューズを固定。

きっと来春はGUIDI旋風が巻き起こることでしょう。 

初日最後はコーネリアンタウラスです。

毎回デザイナーの岩永氏が様々な分野からのインスパイアで発表されるコレクション。

今回は”非対称”というテーマを掲げました。

60年代に活躍したアーティストの作品からインスピレーションを得て左右非対称のデザインを提案。

非対称の中で生み出される独自のバランス感がコレクションのポイントです。

人気のコレクトシリーズから小さめのブリーフケースや3つ折りウォレットが登場。

デザインもさることながらプライスも魅力的。

ダークブラウンも新色で登場しています。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail