「GUIDI」カテゴリーアーカイブ

2022SS early summer style

t-shirt US.S / taichimurakami  49,500円(税込)  着用サイズ6

P28.4 PANTS / BORIS BIDJAN SABERI  138,600円(税込)  着用サイズS

CLASSIC DERBY “992” / GUIDI  126,500円(税込)

モデル  175cm 60kg

t-shirt US.S / taichimurakami  49,500円(税込)  着用サイズ6

本日も夏に向けたスタイルをご紹介させていただきます。

タイチムラカミの今期のTシャツは昨今の流れを汲んだ適度なルーズフィット。身幅をしっかり設け、着丈もやや長く、肩の力を抜いてご着用いただけます。

ファブリックは、ブランド渾身のオリジナルの紙素材”DNA GENOME PAPER”をコットンでカバーリングしたジャージ生地。

本来ざらつきが強くなる紙糸は、旧式の吊り天竺編機で編むことにより出来る限りソフトに仕上げられています。

通気性、強度にも長けており、夏に活躍することは間違いありません。

弧を描くバックスタイルは、ブランドが長年採用している独自パターン。

脇下には縫い合わせが出来ないよう複雑に設計されており、動きをなるべく制限しないよう工夫が成されています。

裾にはアクセントのロックステッチ。この一手間が見栄えを良くし、1枚での物足りなさを解消します。

P28.4 PANTS / BORIS BIDJAN SABERI  138,600円(税込)  着用サイズS

CLASSIC DERBY “992” / GUIDI  126,500円(税込)

ボリスのイージーパンツはトップスがTシャツ1枚でも頼りになります。

伸縮性のある薄手のコットンで、夏を意識しご用意した1本。

サイドのベルトを引き上げることで、裾が持ち上がり8~9分丈のスタイルもお楽しみいただけます。

ヒップのゆとりも少しは、暑さしのぎになるかと思っております。

足元はレザーで合わせて少し硬派な印象作り。

GUIDIの短靴はこうしたスタイルにマストです。是非お試しくださいませ。

ご質問などもございましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせいただけますと幸いです。

皆様のご来店・ご利用を心よりお待ち致しております。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

https://shelter2.com/

GUIDI NEW SNEAKERS [BASKET “GJ04”]

2022SSコレクションより登場したグイディの新スニーカー”BASKET GJ04″。

今までブランドよりスニーカータイプのリリースはあったものの、ここまで如何にもなスポーツスタイルは今回が初となります。

ゴールデンウィーク以降、外出欲が上向きになるこの時期。気分の上がるシューズをお探しの方は是非ご注目くださいませ。

BASKET “GJ04” WHITE  198,000円(税込)

まずはこちら、ホワイトのモデルからご紹介いたします。

レザーとガムをミックスしたスポーティーなデザイン。バスケットボールシューズのディティールをブランドなりの解釈で取り入れています。

ガム部分はいくつかのパートに分割され、独特のリズム感を表現。シュータンは高さがあってしっかりと主張があります。

このシューズに足を通したのならば、ぜひ感じて頂きたいのは履き口周りのクッション。過保護なほどに足首をサポートしてくれているにも関わらず、固定されるような圧は無く気持ちの良いフィットが実現しています。

長時間歩いた際も、疲れを最小限に抑えてくれそうです。

フロントにはまさにスポーツシューズといったベンチレーションホールが開けられ、バックにはロゴ入りのシルバープレート。

細部のアイデアも今までのGUIDIには無かった要素が数多く組み込まれ、大変良い1足に仕上がりました。

BASKET “GJ04” BLACK  198,000円(税込)

次にこちらはオールブラック。このグッと地に足着いた佇まいがなんとも頼もしい1足。

その他のレザーシューズと同じく履き込むと革馴染みも出て、綺麗な光沢も現れるかと思います。

時間の経過と共に、高級感が増していく”GUIDI”ならではの経年変化に期待大です。

BASKET “GJ04” WHITE  198,000円(税込)

BASKET “GJ04” BLACK  198,000円(税込)

サイズ感は同ブランドの短靴やブーツなどと比べると少しばかりルーズなように思います。

店頭でのご試着はもちろんの事、通販でのご購入をご検討中の方は是非当店の試着サービスもご利用くださいませ。

シューズ試着サービス

ご質問などもございましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせいただけますと幸いです。

皆様のご来店・ご利用を心よりお待ち致しております。

SHELTER2 山崎

Mail                TEL

https://shelter2.com/

“GUIDI” BACK ZIP MID BOOTS “988” vs “788Z”

グイディの代表作、バックジップブーツ。

特に写真のミドル丈のモデルが最も定番とされており、世界的に見ても愛用者の多いシューズと言えるかと思います。

同じシャフトの長さであってもソールの種類でいくつか選択肢があり、その中でもよく比較されるのが「シングルソール」 or 「ダブルソール」。店頭でも頻繁にどちらが良いかご質問をいただきます。

先日の入荷で2型が当店に揃いましたので、本日はそれぞれ並べて違いを見ていきましょう。現在ご検討中の方にとって何かヒントになれば幸いです。

左:BACK ZIP MID BOOTS “988”

まず左側が最も代表的なシングルソールタイプ品番”988″。この形こそまさに「GUIDIのバックジップ」と呼ばれるモデルです。非常に普遍的でスタイルを選ばずご愛用いただけます。

右:DOUBLE SOLE BACK ZIP MID BOOTS “788Z”

そして右側はダブルソールタイプ。こちらも絶大な人気を誇る定番の1足になります。足元にボリューム感をお求めの方、ルーズなパンツを履く機会が多い方など理由は様々ですが、何か譲れない拘りをお持ちの方が履かれているように思います。

左のシングルソールはいかにも基本に忠実。こちらは後ろのヒールが高さ3.5cm。フロントのソールの厚さはおよそ1cmとなります。

右のダブルソールはヒールの高さが4.5cm。フロントソールの厚さは1.5cm。少し地面が遠くなり、足元がボリューミーに映ります。

シングルソールはサイドもスッキリとしていて、細身のパンツと合わせても非常に自然でデイリーな印象を受けます。

甲からつま先にかけての底の返りも非常によく、しっかりと履きジワが入るのもポイント。つま先から足首まで革を立体的に仕上げたい方はこちらがおすすめです。

そしてダブルソールは、この輪郭はっきりしたがガツンと来る存在感が特徴。ソールが厚い為すこし足の返りは妨げられますが、足首にはしっかりシワがはいり、履き込んでいくとメリハリが出てきます。

バックスタイルも高さが1cm変わると見え方も異なります。ヒールが高くなることに少し抵抗を覚える男性の方も少なからずいらっしゃいますが、案外ダブルソールのボリュームも男らしく感じます。

デニムなどとカジュアルに合わせていただくのもお勧めです。

左:BACK ZIP MID BOOTS “988”

右:DOUBLE SOLE BACK ZIP MID BOOTS “788Z”

どちらも同ブランド内で最も人気があるホースレザーでご用意。

革の変化を楽しむ過程はどちらを取っても満喫いただけます。

バックジップブーツの細かいディティール、経年変化の事例などは別のブログでより深くご紹介しております。是非こちらもご覧くださいませ。

GUIDI / BACK ZIP MID BOOTS “988”

ご来店が難しいお客様に関しましては、是非シューズ試着サービスもご活用くださいませ。

シューズ試着サービス開始のご案内

ご質問等もございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

皆様のご来店・ご利用を心よりお待ち致しております。

SHELTER2 山崎

Mail                TEL

https://shelter2.com/

GUIDI NEW ARRIVALS

昨日グイディより新商品が到着いたしました。

トレッキングブーツ”19″はシーズンカラーでオーダーすると驚くほど綺麗に仕上がり大変満足しております。

そして何より新型スニーカー。ストリートカルチャーを上手く吸収したGUIDIからの新提案に是非ご注目ください。

少しお写真ご覧いただければと思います。

サイズ欠けが出ていた定番モデルもリストック。

当店では数年ぶりの仕入れとなるダブルソールタイプのバッグジップブーツもご用意しております。

ウェブの掲載も先ほど完了いたしましたので、是非ご覧くださいませ。

GUIDI COLLECTION

ご来店が難しいお客様に関しましては、是非シューズ試着サービスもご活用くださいませ。

シューズ試着サービス開始のご案内

こちらのイベントは来週末までです。是非この機会にショッピングをお楽しみくださいませ。

イベント詳細はこちら

皆様のご来店・ご利用を心よりお待ち致しております。

SHELTER2 山崎

Mail                TEL

https://shelter2.com/

2022 SPRING COLLECTION

日に日に春の訪れを感じる気候となってまいりました。

当店が位置しております神戸の観光スポット北野坂も、日中は春ファッションに身を包んだ方々が散策を楽しまれている様子が見受けられます。

2022SSの商品入荷に関してはやや遅れが出ているものの、全体の6割ほどが到着。今の時期にお勧めのアイテムが揃ってまいりましたので、いくつかのスタイル提案を是非ご覧くださいませ。

ブログの後半では最近”SHELTER2″を知って頂いた方からよくご質問をいただく、当店独自のスペシャルサービスを再紹介させて頂きます。

PARKA 1.1 / BORIS BIDJAN SABERI  着用サイズM

SHIRT 1 / BORIS BIDJAN SABERI  着用サイズS

P13 D.TF PANTS “THE MAINTENANCE WORKER” / BORIS BIDJAN SABERI  着用サイズXS

BOOT4 / BORIS BIDJAN SABERI

モデル 身長175cm 60kg

vertical pockets fitted jacket / m.a+  着用サイズ48

ONEPIECE MED FIT SHIRT / m.a+  着用サイズ44

pinched 4 pocket short pants / m.a+  着用サイズ44

clown short boots w/rubber sole / m.a+

MED ACCORDION MESSANGER / m.a+

モデル 身長175cm 60kg

WEATHER CHINESE COAT / PORTER CLASSIC  着用サイズ2

ROLL UP GINGUM CHECK SHIRT / PORTER CLASSIC  着用サイズXL

THE TAILOR JEAN / toogood  着用サイズ28

GERMAN TRAINER PAINT / Maison Margiela

key hole boston / cornelian taurus by daisuke iwanaga

モデル 身長175cm 60kg

THE ACROBAT JUMPER / toogood  着用サイズL

THE PERFUMER TROUSER / toogood  着用サイズM

CLASSIC DERBY “992” / GUIDI

1 tone pouch shoulder / cornelian taurus by daisuke iwanaga

モデル 身長175cm 60kg

当店では店頭・通販ともに商品をお買い上げの際にご利用頂ける最大20回まで無金利のショッピングローンを常時ご用意しております。

値下げをしない永続的な定番商品の取り扱いが多い中、何か皆様のお買い物をサポートする手立ては無いかという考えのもと生まれたこのサービス。

お客様には商品代金以外のご負担は一切無しに、お選びいただいたアイテムを即日お持ち帰りいただけます。

ご利用方法の詳細は下記ブログに記載しておりますので、ご覧くださいませ。

無金利ショッピングローンのご案内

昨年から通販でシューズをお買い上げの方には[シューズ試着サービス]を実施しております。

靴を選ばれる際に皆様が感じられるフィット感は千差万別。

店頭にお越し頂けない方に、納得のいくシューズ選びを頂く為にご用意をいたしました。

下記リンクよりご利用方法などご確認くださいませ。

シューズ試着サービス開始のご案内

最後に営業時間変更のお知らせです。

4月1日(金)より当店の営業時間を

[午前11時30分~午後7時30分]

に変更させていただきます。

定休日は今までと変わらず水曜日です。

引き続き皆様に良いファッションをお届けできるよう努めてまいりますので、変わらぬご愛顧の程よろしくお願い致します。

SHELTERⅡ

Mail                TEL

https://shelter2.com/

2022春夏ご予約会 12月4日 (土) ~

いつもSHELTER2をご利用頂きありがとうございます。

先日のブログでも告知しておりました2022春夏の先行ご予約会が本日12月4日(土)よりスタートとなります。

商品ページにはそれぞれ次回の入荷予定商品のサンプル画像、入荷予定サイズ、簡単な説明文を掲載。

当店ウェブ会員様はホームページにログインいただきますと、トップページのブランドリスト内に[2022春夏ご予約会]が表示され、そちらのページから商品の閲覧が可能です。

当店HPへの会員登録がまだのお客様は是非この機会にご登録下さいませ。

★ご登録手順とご予約の流れ★

ホームページ最下部の【会員登録はこちらから】をクリック

↓↓↓

各種必要事項記入後【登録完了】

↓↓↓

登録後、ホームページ最下部の【ログイン】をクリック頂き会員ページへ。

ブランドリスト内に【2022春夏ご予約会】が表示され、そちらから特設ページをご覧いただけます。

ご予約・入荷連絡のご希望やご質問等は商品ページの【Contact】よりメール、もしくはお電話でお気軽にご連絡いただけますと幸いです。

店頭には一部ブランドの生地サンプルやカタログなど、より具体的に商品をイメージいただける資料もご用意しております。

どなたでもご覧いただけますので、ご興味ございましたら店頭スタッフにお気軽にお声がけくださいませ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

SHELTERⅡ

Mail                TEL

https://shelter2.com/

2022春夏バイイングレポート vol.1

今回は今週末よりスタート予定の2022春夏受注会に伴って各ブランドのトピックやバイイング情報を発信していきます。

未だに海外の渡航は難しく、ファッションウィークもフィジカルではなくデジタルの展示会が中心です。デジタル中心のバイイングは今回で3回目となり、慣れてきたような気がしますが実際は本当に良いバイイングが出来ているのか?と疑問に思うこともあります。こればかりは今までの経験と実績からより良い内容を模索する以外他ならないので奮闘中ですね。

m.a+

前回同様のビデオプレゼンテーションとWEBオーダーシステムのm.a+。ビデオの内容が前回とは打って変わって映画のワンシーンのような情景でした。リラックスシルエットのアイテムが目立つコレクション群でシーズンカラーの”MEDITERANEA”は地中海の深い海の美しいブルー、レザーや布帛にも使用されており春夏のスタイルのアクセントに間違いなし。ブランドでは珍しくショートパンツ(クロップドパンツ)の種類も豊富に取り揃えております。

BORIS BIDJAN SABERI

スペインのバルセロナのショールームでは展示会が行われていましたがさすがに伺うことは難しいので前回と同様にWEBでに発注となります。今回のトピックは”職人”からインスパイアされたアイテム。整備士、銅鉱夫、が実際に使用した場合の汚れや色落ちを再現したP13D.TFなどがございます。人気のパンツシリーズもタイトシルエットからバギータイプ、夏にぴったりなショートパンツと幅広く取り揃えております。

CAROL CHRISTIAN POELL

前回の新作発表で公開されたU-OFFICERなど定番アイテムに加えてちょっと変わったアイテムも少しだけご用意しております。最近では20代から50代までの幅広い層に愛されるCCP。完璧を追求し長年続けてきたことが世代を超えて新たなファンに繋がっていることと思います。またパーソナルオーダーの相談も日に日に増えてきております。

taichimurakami

このタイミングからコレクションの発表を不定期に変更すると宣言したタイチムラカミ。

以前彼の展示会に伺っていた時に何となく言っていた事で、

”コレクションを製作する6ヶ月の期間で出来るものと出来ないものがある、出来ないものは諦めざるを得ない。完成しないものは捨て、新たなシーズンのコレクションを作ることに疑問がある、、、。”と村上氏。

コロナ禍で大きく変わった状況の今、変化を望んだタイチムラカミ。従来のtaichimurakami を” SIGNATURE “ラインとし、今後はコンセプトごとにライン分けし発表していくとの事。自由な発想と時間にとらわれない彼の作品に期待です。

toogood

年々ファッション層への認知度が増しているように感じるトゥーグッド。日本国内でも展示会で実際に商品サンプルを見ることができる貴重なブランドです。次回の春夏は名作”THE EXPLORER COAT”が復活。新たなデニムも3型リリースとなり店頭に並べるのが今から楽しみです。

GUIDI

相変わらず世界的にも人気を博しているGUIDI。毎シーズン数えきれない新作が発表されています。中でも近年のファッションシーンに合わせたレザー素材のバスケットシューズを発表。世界一有名なバッシュ、”〇-ダン1”からインスパイアされたGUIDIの新作スニーカーから目が離せないです。

Maison Margiela

ここ数シーズンはコレクション色が強かったのですが、今回のマルジェラは往年の再構築を筆頭にアーティザナル色が強いアイテムが目立ちましたね。インディゴのデニムアイテムも多数登場。中でもサマースタイルにぴったりなジャーマントレーナーデザインのエスパドリーユもリリースされました。

PORTER CLASSIC

まだ暑さが残る8月に東京展へお邪魔しました。GINZA5の一角で行われた展示会は大勢のクライアントが訪れており凄い熱気。広いスペースの中カテゴリーごとに分けられそれぞれの商品の世界観が分かりやすく表現されておりました。メインはコットンギャバジンの素材のコートとパンツ、もちろん春夏には欠かせないロールアップシャツ(ギンガムチェック・リネン)もセレクト。日常の上質なお洒落着はまだまだ健在です。

WERKSTATT : MUNCHEN

数シーズンお休みしておりましたが、また少しづつ再開していきます。久々の連絡にも快く対応してくれたワークスタットミュンヘン。相変わらず洗練されたデザインは改めてシルバーの魅力を感じさせてくれます。シルバーアクセの流行りと言いますか、以前よりシンプルなアイテム中心にセレクトさせて頂きました。

以上2022春夏ブランド情報でした。

12月4日(土)からは当店ホームページで2022春夏のご予約会(WEB会員様限定)をスタートいたします。

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail                TEL

https://shelter2.com/

GUIDI / BACK ZIP MID BOOTS “988”

“GUIDI”の象徴と言っても過言ではない傑作。バックジップブーツ”988″。

先日の再入荷で定番のブラックの在庫が整いましたので、今日は改めてこの1足をご紹介させていただければと思います。

BACK ZIP MID BOOTS “988”

グイディが設立当初から長年作り続けているジップ開閉式のレザーブーツ。今回ご紹介するのは最も人気のある定番素材ホースレザーを使用したものになります。

これ以外にシャフトの長さやヒールの種類が異なるバックジップブーツも同ブランドよりリリースされておりますが、このモデルが最もスタンダード。この1足を指すブランドの型番”988″はファンの間では合言葉のようになっています。

アッパーは一枚革で形成され、装飾も一切ないシンプルなデザイン。

一見すると「シンプルで合わせやすい」程度のセールストークに留まってしまいそうです。

しかしこの新品の状態がこのブーツを楽しむうえで非常に重要なスタートライン。

こうした無機質なデザインで世に送りだしたことが、多くの靴好きの注目を集めた一つの理由のように思います。

サイドのシルエットは写真のように斜めに作られており、着用時は足首、脛でシャフト部分を持ち上げる格好に。

足を入れて初めて完成するこのブーツの魅力は、このアイデアが非常に重要な役割を担っています。

ここからは実際スタッフが4年ほど着用したものと比較しながらご覧いただければと思います。

上の写真の左が新品となり、右が着用後の”988″。

素材・カラーはどちらも同じもの。

使用後はダイナミックなシワが入り、同じものとは思えないほど迫力が増しているのを感じていただけるかと思います。

何度もご紹介している内容にはなりますが、GUIDIのシューズは、製品を形にしてから色を染める「製品染め」によって作られており、特にこのブランドが採用している「タンブラーダイ」という技法は革の風合いにも異質さを与えます。

樽型の巨大な装置に形の出来上がった複数のシューズを同時に入れ、液体染料とともに回しながら仕上げるユニークな染色方法。

これによってやや解れたフォルムに仕上がり、履いていくことで革が驚くほど足に馴染むのです。

着用者の歩き方、自重によって形状が変化していくため、足を入れて感じる心地よいフィットは本人以外が生み出せるものではありません。

正面からのフォルムも大きな違いが見て取れます。この足首あたりの立体的なシワはこのブーツ最大の魅せ場です。

素材の光沢や黒の深みも顕著な差が出ておりますが、実際4年着用したスタッフもメンテナンスは1年に1,2回。

グイディのレザーは油分を多く含んでおり、使い続けることで内側のオイルが徐々に表に浮き出します。

それにより革に上品なツヤが生まれ、さらに出立ちがパワフルに。

当店で最もおすすめしているグイディのホースレザーは、ブランドが手掛けている数ある品種の中でも最もバランスが取れたマテリアル。

皺のキメが細かく、扱いやすい柔らかさがありながらも、程よく足をホールドするハリも持ち合わせています。

使用しているジップは日本が世界に誇るファスナーメーカー”YKK”の最高級ライン”EXCELLA”のもの。

スライダーにはブランドロゴが刻印されています。

ソールはグッドイヤーウェルト製法で仕上げられており、貼り替え等は当店でお受けすることも可能です。

リペアは提携いただいております靴修理の名店”UNION WORKS”様が担当。

ジップのトラブルなども対応可能となっておりますので、何かお困りごとがございましたら、なんなりと当店までご相談くださいませ。

いつまでも履き続けたい自分だけの足に馴染んだ特別な1足。ぜひそのシューズとの素敵な歩みをサポートさせていただければと思います。

ブランドの歴史や、製法などについてはもう一つの定番”クラシックダービー”をご紹介したブログにより詳しく掲載しております。

ぜひそちらも下記リンクよりご覧くださいませ。

CLASSIC DERBY “992” / GUIDI

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

https://shelter2.com/

遠方のお客様にもご安心してシューズのサイズをお選びいただけるよう、配送による試着サービスもスタートいたしました。

サイズ感などでお悩みの方はお気軽にご質問などご連絡をいただくとともに、このサービスもぜひご活用いただけますと幸いです。

シューズ試着サービス開始のご案内

GUIDI HIKING BOOTS “19” & TREKKING BOOTS “20”

本日はGUIDI2021秋冬入荷商品からHIKING BOOTS “19” と TREKKING BOOTS “20”をご紹介します。

HIKING BOOTS “19”

重厚な雰囲気が魅力のトレッキングブーツ。ボリュームのあるフォルムにソールはビブラム社のラバー。

無骨な雰囲気が漂いながらもアンクル部分のクッションなど履き心地にも配慮がなされており、非常に歩きやすいブーツです。

マウンテンブーツの王道デザインにGUIDIの上質な素材とオブジェクトダイで仕上げられたブーツは見た目のオーセンティックさを残しつつ履き心地も向上させたスキのない1足。

オブジェクトダイならではの初めから金具が朽ち果てたような状態も雰囲気があります。

王道のトレッキングブーツをお探しの方にはお勧めの1足です。

TREKKING BOOTS “20”

重厚な雰囲気が魅力のシャフトを長く設けたトレッキングブーツ。ボリュームのあるビブラム社登山靴用ラバーが初めから搭載されております。

足首回りのレザーの厚みを薄く調節し、動きやすさに配慮。非常に歩きやすいブーツです。

上部のレースの留め具はフック式になっており、着脱もスムーズ。

本格派デザインや、よりボリュームを求められる方にお勧めのトレッキングシューズです。

今回のブーツの他にも定番のCLASSIC DERBY “992”BACK ZIP MID BOOTS “988”のサイズも取り揃えております。

是非一度お試しくださいませ。

また店頭にお越し頂くことが難しいお客様には配送対応の”シューズ試着サービス”も実施いたしております。

”シューズ試着サービスのご案内”

実際に気になるシューズをご自宅にてお試し頂けるサービス内容となっており、先日もご利用されたお客様より試して良かったと好評いただいております。

ご質問やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様のご利用心よりお待ち致しております。

SHELTER2 斉藤

Mail                TEL

https://shelter2.com/

GUIDI NEW ARRIVALS

GUIDIの2021 A/W 新作が到着致しました。

今回はサイズ欠けしていた992・988のホースブラック筆頭に、秋冬スタイルにはマストなボリュームのハイキングブーツやトレッキングブーツもご用意しております。

アクセサリーもすべて新デザイン、本日より販売をスタートしておりますので、是非店頭・WEBでご覧下さいませ。

HPへのアップも先ほど完了しております。ご質問などもございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

GUIDI SHOPPING

皆様のご来店心よりお待ちしております。

SHELTER2

Mail                TEL

https://shelter2.com/