「CAROL CHRISTIAN POELL」カテゴリーアーカイブ

STYLE BOOK 2021S/S vol.2

STYLE BOOK 2021 S/S vol.2

タイチムラカミの21SSセットアップスタイル。新型ルーズフィットのトラウザーズはコーディネートのバランスを良い意味で崩し、スタイルの玄人感を演出。インナーはカットソー、パンツの裾は少しロールアップしてシューズの見せ場を作り、春夏らしく軽く仕上げました。

work blazer / taichimurakami  size6

HENLEY LONG SLEEVE T SHIRT / m.a+ size48

L-pocket TRS loose / taichimurakami   size6

GOODYEAR DERBYS / CAROL CHRISTIAN POELL

175cm 60kg

赤のアウターをさらっと合わせたカジュアルスタイリング。足のラインが綺麗に出るボリスの”P13TF”にトレッキングブーツでサイジングにメリハリを付けました。

175cm  60kg

タイチムラカミのナイロンコートを主役にしたミックススタイル。春秋がベストと言えるライトアウターは4月頃から半袖のアイテムとの組み合わせがベター。ボトムスは21SSシーズンカラーのP13TF。足元を”CCP”のスニーカーでまとめたハイエンドなカジュアルスタイル。

high neck coat origami sleeve / taichimurakiami size 6

ONEPIECE TS RF / BORIS BIDJAN SABERI size S

P13TF PANTS FKU10001 PUNK GREY / BORIS BIDJAN SABERI size XS

ICED PAPERDART HANDLED LOW TOP / CAROL CHRISTIAN POELL (※personal items)

KEY CHAIN 1 / BORIS BIDJAN SABERI

175cm 60kg

“CCP”のレザーをはじめ、インパクトの強いアイテムでまとめたハードスタイル。レザーの迫力に負けない”BBS”のパンツの存在感。最高峰のレザージャケットの身にまとうテンションを最大級に引き立てます。

O.D ARTHROSIC ELBOW & HANDS LEATHER JACKETCAROL CHRISTIAN POELL  size 46

P14 PANTS BORIS BIDJAN SABERI size XS

ICED PAPER DART HANDLED ANKLE TOP CAROL CHRISTIAN POELL (※personal items)

175cm 60kg

ライトアウターとショーツを組み合わせた軽快なスプリングスタイル。”ボリス”の定番ショーツ”P8″は股上が深く、ベルトなどのデザインギミックも効いているため、ハードなスニーカーやブーツなどと合わせても好印象です。

ZIPPER4 / BORIS BIDJAN SABERI size S

ONEPIECE TS RF / BORIS BIDJAN SABERI size S

P8.1 SHORTS/ BORIS BIDJAN SABERI size S

ICED PAPER DART HANDLED ANKLE TOP / CAROL CHRISTIAN POELL (※personal items)

175cm  60kg

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

https://shelter2.com/

STYLE BOOK 2021 S/S vol.1

STYLE BOOK 2021 S/S vol.1


ライニング無しのコートをシャツスタイルにさっと羽織ってラフなスタイルの完成。ポイントは要所のブラックカラー、淡い色味を程よく引き締めてくれます。

4POCKET MEDIUM FIT UNLINED COAT / m.a+ size 46

MEDIUM FIT SHIRT / m.a+ size 46

5 POCKET MEDIUM FIT PANTS / m.a+ size 44

BACKZIP MULTIPLE SILVER STAPLES SHORT BOOTS / m.a+

SMALL BELT BAG “BY101” / m.a+

175cm  60kg

m.a+のユーティリティジャケットはライニングなしの軽快使用。いつものカジュアルスタイルにプラス、シャツのようにさらっと羽織って頂きたいアイテム。

UTILITY UNLINED JACKET / m.a+ size 46

SHORT SLEEVE HENLEY T-SHIRT / m.a+ size 48

DENIM JEANS / m.a+ size 44

“+” STUDDED q BUCKLE MED BELT /  m.a+

ANKLE WORK BOOTS RUGGERO 1906 / Guidi & Rosserini

175cm 60kg

夏まで使用できるリネンのシャツには素足のスタイリングがお勧め。オーバーサイズのコートを羽織りつつもスニーカーやナイロンパンツでリラックス感もプラス。

4POCKET MEDIUM FIT  COAT / m.a+ size 46

MEDIUM FIT SHIRT / m.a+ size 46

cargo trousers origami / taichimurakami  size 6

GERMAN TRAINER PAINT / Maison Margiela

175cm 60kg

非常に軽量で全天候対応のウェザーコートは春夏に最適の1枚。撥水性はもちろん、ファッション性にも優れたデザイン。全体的にオーバーサイズでそろえたスタイルも気分です。

WEATHER COAT / PORTER CLASSIC  size2

“BRESSON” LINEN LONG SMOCK SHIRT / PORTER CLASSIC  size2

THE CONDUCTOR TROUSER / toogood   size4

CLASSIC DERBY “992” / GUIDI

STOCKY RING / GUIDI 

175cm 60kg

後染め3レイヤーナイロンが特徴のワークブレザー。ギア的な素材を都会的なブレザーに落とし込んだあたりがタイチムラカミらしい提案。日常のハイテクギアは唯一無二。

work blazer origami sleeve / taichimurakami  size6

inside shirt L/S / taichimurakami  size6

L pocket trousers / taichimurakami  size5

REPLICA LOW TOP GERMAN TRAINER / Maison Margiela

175cm 60kg

ご質問等もメール・お電話でお気軽にお問い合わせくださいませ。

SHELTERⅡ 斉藤

Mail                TEL

The staff bought this ! ”CAROL CHRISTIAN POELL AM/2683-IN CORS-PTC”

スタッフのこれ買いました!ということで早速紹介していきます。

写真を見れば一目瞭然、皆様ご存じのキャロルクリスチャンポエルのロートップスニーカー。

このご時世やはり気分を上げてくれるのはここキャロルクリスチャンポエルです。

同デザインのブラックでアンクルトップを履き始めて1年半が経ち、そろそろ新しいシューズを考えていたところ。

このスニーカー中毒性が非常に高い。一度履くとこれ以上インパクトがある靴に出会わない限りは乗り換えられませんよ!

ホワイトのロートップなんて春夏に最適!!今後入荷予定のボリスのショーツと合わせたり、、、などと妄想も膨らみます。

もう一度ドリップソールの感触を味わえることを想像しただけでも、、、。このドリップを破壊できるのも購入者の特権、今回はじっくりと楽しみたいです。

次にお見せするころにはドリップもほどほどに破壊され、いい塩梅になっていることでしょう。

店頭でこのお話は出来たらいいですね。

早速今日から履いてます!!

SHELTER2 斉藤

12月5日 (土) ~ 2021春夏ご予約会のご案内

2021春夏ご予約会 12月5日(土)~

いつもSHELTER2をご利用頂きありがとうございます。

先日より告知してまいりました2021春夏の先行ご予約会が明日よりスタートとなります。

商品ページにはそれぞれ次回の入荷予定商品のサンプル画像、入荷予定サイズに加え、今回からすべての商品に詳細コメントも掲載いたしました。

当店ウェブ会員様はログイン後、当店ホームページのトップ、ブランドリスト内に[2021 春夏ご予約会]が表示され、そちらから商品の閲覧が可能です。

当店HPへの会員登録がまだのお客様は是非この機会にご登録下さいませ。

★ご登録手順とご予約の流れ★

ホームページ最下部の【会員登録はこちらから】をクリック

↓↓↓

各種必要事項記入後【登録完了】

↓↓↓

登録後、ホームページ最上部の【→login】、または最下部の【ログイン】をクリック頂き会員ページへ。

ブランドリスト内に【2020春夏ご予約会】が表示され、ご覧いただけます。

ご予約・入荷連絡のご希望やご質問等は商品ページの【Contact】よりメール、もしくはお電話でどうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

※ウェブページの公開は明日12月5日(土)12時頃を予定しております。どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

店頭には一部ブランドの生地サンプルやカタログなど、より具体的に商品をイメージいただける資料もご用意しております。

ご興味ございましたら、是非ご来店時にスタッフへお声がけいただければと思います。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

SHELTERⅡ

Mail                TEL

2021春夏バイイングレポート Vol.1

“COVID-19”よって6月のファッションウィークが無くなったところから始まった2021春夏コレクションのバイイング。

世界中のファッションフリークへ最新コレクションを届けるために各ブランドがかなりの労力を費やし、感染対策を考慮しながら初のリモートでのオーダーや展示会の開催を行いました。

慌ただしかったこの数か月の内容を振り返りながら、リモートオーダーの難しさ、その中での当店のセレクトの意図、ブランド側の努力など見えない部分をお伝えできる場にできたらと思います。

【m.a+】

パリのファッションウィークが無くなったとの情報が公開された後は大体のブランドがリモートオーダーのシステムを準備していました。

まずm.a+から到着したのは極厚の生地サンプルスワッチ。

いつもコレクションごとにある生地サンプルスワッチですが、これは通常の5倍以上あります。

総数100種類弱の生地スワッチは製作するところからかなりの労力を費やしたと思います。もちろん世界中のm.a+を取り扱う店舗分です。

今回イタリアや近国の情勢により、新たな生地の発掘が難しかったm.a+は過去の莫大なアーカイブの生地すべてを見直し、現在製作できる生地を再確認。

私も懐かし生地を発見するとともに、この生地で現行の型を製作したら面白いかも等この時点で既に妄想。

その後はWEBカタログを見ながらオーダーです。

写真とスケッチで構成されたシンプルな構成はm.a+らしいWEBサイトでした。もともとアナログが得意なm.a+、今回はかなり悩んでのリモート開催だったのではないでしょうか。

新旧が融合したセレクト内容にもご期待下さい。

懐かしい素材が再登場します。

【BORIS BIDJAN SABERI】

ボリスもリモート開催、もともとデジタルが得意なブランドと感じていたのでリモート開催と聞いたときは納得でした。

ブランド側も『感染対策も行っているのでスペインのショールームまで来てくれたらサンプル見れるよ』と言ってくれましたが、なかなか難しく断念。

気になるリモートオーダー用のWEBサイトは圧巻の出来栄え。大手の通販サイトに負けないぐらいの詳細まで非常に分かりやすい内容でした。

全てのサンプルアイテムの掲載はもちろんの事、すべてモデルが着用し、写真も1型につき10枚弱、ある意味通常の展示会より見やすかったです。

通常の展示会は各国のバイヤーと一緒に見ているため、どこかのお店にサンプルをキープされていたり、モデルが着替えていたり、なにかとあるので常々会場に全部のサンプルが綺麗に並んでいることなんて無いのです。

またオーダー期間も1週間ほどありましたので、じっくりと吟味しながらかなり精査できたのではないかと。サイズ感と素材感だけがネックではありますが、そこは自身のバイイング経験と勘が頼り、自分自身も皆さまと一緒にワクワクするセレクト内容になりました。

【CAROL CHRISTIAN POELL】

実は昔からいち早くリモートオーダーシステムを開発していたキャロルクリスチャンポエル、現IN-BETWEENシリーズが発表される前はリオーダーという形で各国のセレクトショップからオーダーを受けていました。

その際、お店側のみ拝見できるWEBカタログを今から6年前ぐらいに製作していたのです。内容は1型につきモデル着用の写真や単品写真が3枚とシンプルではありますが、その時代からWEBカタログという手法で行っていたブランドはなかなか無いのではないでしょうか。

写真はお店で保管している全レザーカラーサンプルとドリップカラーのサンプル。

店頭ではお見せ出来ますが、写真は難しいのでフォーカス外してます。

ですのでこの感染症対策が強いられている中、逆にいつも通りのスタイルでバイイング出来たのはキャロルだけかもしれません。いつの時代もパイオニアであり続けるキャロルクリスチャンポエル、安定した内容をお届けできるように試行錯誤しましたので楽しみにしていてください。

長くなりましたが今回はここまでにして続きのブランドは次回にしたいと思います。

まだまだ各ブランドごとブログには掲載できなかった内容もありますのでまた聞きに来てください。

また12月5日(土)からは当店ホームページで21春夏のご予約会もスタート(WEB会員限定)します。一足先に内容をチェックできますので是非ご覧下さいませ。

SHELTER2 斉藤

Recommend BOOTS vol.1 “BORIS BIDJAN SABERI” BOOTS2

BORIS BIDJAN SABERI BOOTS2

2020秋冬シーズン当店で最も迫力のあるブーツがこちらです。

ボリスビジャンサベリから新作としてリリースされたブーツはデザイン・素材・製品染めのすべてが良い塩梅に融合したスペシャルなアイテム。

レザーソールの底にはオリジナルのラバーを配置し、見た目のボリューム感とブーツとは思えない滑らかな履き心地を実現。

使用された素材はベジタブルタンニングのホースレザー。製品染めとは染める前のレザーで製作後に専用の染め機械を使用して着色を行っていきます。

けっこう荒々しい染め方なので、染めの最中に問題があることも、最悪作り直しという事も珍しくありません。

着色後はゆっくりと時間をかけて乾燥させ、フィニッシュに写真のように手作業で整形を行っていきます。

手作業な故、一つ一つのシワの感じが違うのもまた魅了の一つ。

カラーはシーズンからのSYNTH BLUE(シンスブルー)ブラックがフェイドして青みがかった表情は、ブラックよりもニュアンスがあり、また重すぎずこのブーツに適したカラーかなと思います。

フロントから見ると意外とすっきりとしたシルエット。

バックには洋服にも使用されるレザータグのようなディテールもあり、随所でブランドらしさを感じるデザイン。

ここまで長々説明しましたが、ちょっと他ブランドのブーツとも見比べると分かりやすいと思いますのでご覧ください。

CAROL CHRISTIAN POELLDIAGONAL ZIP BOOTSと比べても引けを取らない威圧感。

CCPのブーツは他のどのブランドにも負けないぐらいの威圧感というか迫力がありますが、ほぼ同等のものがありますね。

サイドビューもなかなかなもの。比べてみてみましたがどちらも良いブーツという事を再確認しましたね。

このブーツはCCPファンの方にも是非見て頂きたいです。

次回のレコメンドブーツをお楽しみに。

SHELTER2 斉藤 

Customer’s special order vol.4 「CAROL CHRISTIAN POELL Four Pocket Pony 」

【Customer’s special order】 では店頭展開していない、当店の顧客様が特別にパーソナルオーダーしたスペシャルなアイテムをご紹介致します。

CAROL CHRISTIAN POELL

LM/2636-IN PONY-PTC 1919

Four Pocket Pony

今回もかなりスペシャルな一品。

強烈なインパクトを放つこのアイテムは、ポニー(馬)一頭分のレザーを丸々使用したレザーパンツ。

さらには素材の使い方だけではなく、ファンの方ならご存知のワンピースパターンでの仕上げ。

間近で見ると唸るほどの威圧感。

折り返した裾あたりにコードバン層を持ってくるあたりもツボをつくデザイン。

ミラノのCCPのアトリエで聞いた話では、ポニーも様々なサイズがあるので、製作可能なサイズを一枚づつ確認し仕分け、

中には破れていたり、傷があったりする場所もありますが一枚使いなので、写真のポケットのようにリペアを施しながら無駄無くレザーを使用します。

リペアもさることながらそもそも革一頭で製作するあたりが本当にクレイジー。

CCPサイドも【特に理由なんか無い、一頭で作りました】って感じ。

現代、多数のハイブランドのコピー商品が蔓延る中、「コピー出来るならやってみろ!」と言わんばかりのインパクト。

説明に熱が入っていると、早速

オーダーされていたお客様も試着をしにご来店頂きました。

お客様も見た瞬間、想像の何倍以上のインパクトとカッコよさで思わず唸っていました。

レザーパンツにサンダルが合う!って言ってもさすがにこの時期に履くのは無理ってご様子。

でもクロップド丈故に本当にサンダルとの相性良いですよね。(なかなかクロップド丈のレザーパンツなんて無いから、、、)

サイズもバッチリで一安心、仕上がりにも感激&大満足。

秋口にはCCPのGジャンと合わせたいとの事。是非また見せてください。

厳しい残暑が続きますので店頭では冷たいビール(ハイネケン・黒ビール)をご用意してお待ち致しております。

SHELTER2   斉藤

Our customers vol.2

先日ご来店の20代前半のお客様。

“CCP”愛が非常に強く、私も毎回その熱量にお答えするべく、ついつい話過ぎてしまします。

この日もお昼ごろから夕方までじっくりと店内お楽しみいただきました。

スタイリングもとても素敵でしたので、少しご紹介させていただきます。

過去の”CCP”の名作を織り交ぜたとても素敵なサマースタイル。

以前お買い上げいただいたベルトの青が目を引きます。

そしてこの日はこちらのボリスの新作ミニバッグに目を留めていただき、早速スタイリングにプラス。

夏に活躍するイメージのミニバッグですが、秋冬のアウターの内側に忍ばせていただくのも非常におすすめ。

こちらのお客様もいつかは必要と思いつつも、まだお持ちでないという状況でしたので、

今回のタイミングでミニバッグデビューをしていただきました。

そしてなんといってもこの日のメインは”CCP”のシューズ。

ずっと気にされていたアイテムを、ついにお持ち帰りいただきました。

次回のご来店の際は、是非ご着用の上ご来店くださいませ。

撮影ご協力誠にありがとうございました。

昨年より展開している”CCP”の”IN BETWEEN”シリーズのシューズには、すべて写真のようにオリジナルバッグと重厚な金具が付属いたします。

新しい服や靴、前から欲しかった何かを買ったときの達成感。

その喜びの引き立て役として、こういった付属品の存在も私は大きく感じております。

実際当店で同様のアイテムをお買い上げのお客様の中には、この袋のままハンドルに手をかけてお持ち帰りいただくケースも。

もしかするとキャロル氏自身もそういった情景を思い描き、この演出を採用したのかもしれませんね。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

      

【BORIS BIDJAN SABERI “WORK COAT2” が選ばれる理由】

梅雨が明けると一気に暑くなりましたね。梅雨時期は早く明けて欲しいと思いながら、明けたらこれです。

毎年のルーティーンながらこの時期に秋冬の服を紹介することに多少の疑問も覚えながらも、入ってきたからには早く見て欲しい、という気持ち。

ということもあり、今回は商品のデザインというよりもなぜ?このアイテムをセレクトしたかについてお話ししようと思います。

※リバーシブル仕様で裏返した状態(一枚目の写真が表)

年々暖冬になりつつある日本において、秋口に羽織るものが無いという事がありませんか?私は最近よく思います。

海外の展示会でもそのことをいつも思いながらアイテムチェックしているのですが、さすが秋冬コレクションという事もあり大体がヘヴィーなアウターメインでウールとカシミアのオンパレード。

その中で見つけたのがこのBORIS BIDJAN SABERI の”WORK COAT2″なのです。

BORIS BIDJAN SABERI  WORK COAT2

まず素材はコットン100%、ライニング無し(ダブルフェイスのリバーシブル仕様)と良い条件をそろえながら、

さらには製品染め故に水洗いも可なので汗ばむ秋口に着用してアウターが汗まみれ、なんて時も自宅で洗える優秀さ。これ大事です。

※製品染めなので色落ち、色移りだけ注意が必要です。

さりげなく動きのあるアーム部分はジャージ素材と計算された機能性とデザイン性。

寒さに強い方なら1月もインナーにニットを着用すればいけそうなところもなんか魅力的。

ロンTと合わせるとこのような感じです。

裏無しのコートならこの暑さでも試着したくなると思います。まずは一度お試し下さいませ。

最後に上の写真は昨日インスタグラムに投稿した写真なのですが、すごくおしゃれな外国の方から「すべてが完璧!!」と褒められました。嬉しかったのでまた撮影頑張ります。

またSHELTERⅡは昨日8月3日で17年目を迎えることが出来ました。支えてくださるお客様のおかげで、こうして成長を続けられています。本当にありがとうございます。

上記のパンフレットはオープンの時に配られた物です。取り扱いのブランドは変化しましたが、当時からのコンセプトは変わらずに今も生き続けています。

今後も変わらず「男の隠れ家」として皆様にファッションを提供し続けられるように努力して参ります。

また店頭でも思い出話など出来たら嬉しいですね。

ご来店お待ち致しております。

SHELTER2   斉藤