カテゴリー別アーカイブ: buyer’s eye

buyer’s eye BORIS BIDJAN SABERI ”J5”

IMG_1647

Post Humanism”のテーマで発表された2017春夏コレクション。

「half-human, half-machine 」というアイデアで構成され、錆からの黄土色、茶色やプロテクターのようなディテール、

またガーメントの裏側を表に出すことで機械的な一面を表現しています。

IMG_1583

BORIS BIDJAN SABERI ”J5”

IMG_1599

IMG_1591

ボリスビジャンサベリでは定番のレイヤードデザインジャケット。

普段はシンプルでパターニングが際立つジャケットですが

今回は先述の通り裏地の構築的なデザインが表に出た印象的なデザインです。

IMG_1585

IMG_1603

単純に裏側のデザインを表にしただけではなく、縫製も勿論表になります。

IMG_1604

IMG_1598

細部まで丁寧に仕上げられた縫製はもはや芸術の域に達します。

IMG_1605

IMG_1614

気になる裏地面は通常表になるデザイン。

しかしこちらも裏の縫製ではなく表の縫製、つまり縫製的にはインサイドの無い、

ともにアウトサイドのジャケットが完成したことになります。

IMG_1606

IMG_1625

ステッチがほぼ見えないように縫製され、通常のジャケットの

何倍もの手間をかけ製作されております。

IMG_1610

IMG_1631

得意のレイヤードデザインは表時の裏側に配置し

レイヤードスタイルと裏側の収納時はジャケットのディテールとして

視覚的に楽しませてくれるデザインです。

IMG_1627

IMG_1635

ここまでの説明を聞くとアヴァンギャルドなジャケットに聞こえがちですが

実は着用すると程よい個性の主張、

またワークやミリタリージャケットのような印象です。

これはボリスビジャンサベリ氏が様々なカルチャー(スケート・HIPHOP)で育ち

そこからのインスパイアで洋服作りを始めた氏ならでは感覚だと思います。

初め、腰履きのパンツに丈の短いTシャツは合わないことから、

2枚Tシャツを合わせタイトで長い着丈のTシャツを作成。(現在のTS1の原型)

ボリスビジャンサベリ氏の構築的感覚はここから始まりました。

IMG_1643

IMG_1638

現在ではP13やTS1などが定番アイテムとして馴染みがありますね。

そのアイテムルーツやパターンを見返して、感覚的に見るのも楽しさの一つです。

このジャケット通してボリスビジャンサベリの魅力を少しでも

感じて頂ければと思います。

SHELTERⅡ

斉藤 

         

 

 

buyer’s eye 「LEOPOLD BOSSERT」

LEOPOLD BOSSERTとの出会いは約2年前、

一通のインビテーションから始まりました。

IMG_0823

画像がそのインビテーションです。

各ブランドがバイヤーの目に留まるようにいろいろと試行錯誤しますが

LEOPOLDはストレートに生地とステッチでアプローチしてきました。

セルビッチの生地にオープンステッチやエッジのロックまで、

現在では新しいとまではいきませんが、それが新鮮に見え、

また一目見た瞬間生地とステッチに力強さを感じ魅かれたのがきっかけです。

洋服作りはテーラーベースに5年間研究した

独自のステッチワークが融合、

随所にステッチワークが散りばめられております。

数々のステッチもさることながら

まずLEOPOLD BOSSERTで注目して頂きたいのが特殊な生地です。

生地はイタリアの老舗工場にて製作されております。

IMG_0824

写真はBOCOという非常に厚手でオンスが高い堅牢なコットン生地、初めて手に取った瞬間

洋服で、ましてやパンツでこの生地感は始めての感触でした。

これは穿き応え、育てがいがあると。

IMG_8752

着用しても分かるとおり、太くうねるような皺が入ります。

ステッチは時折表情をかえ、視覚的に飛び込んできます。

IMG_8754

IMG_8766

アルチザンブランドではデニムというアイテムが少なく、その中でもこのアイテムは

擦れによってでてくるアタりや穿きこむごとの皺などデニムのように楽しんで頂ければ

と思いでセレクトさせて頂きました。

実際穿いてみると凄まじい生地の硬さが肌に伝わってきます。

伸縮性0の生地ですが、実際に穿かれているお客様から

「数回履いたらすごく良くなりました。皺も入り体の形になった分穿きやすくなりました」

経年での変化も楽しめると伺っております。

まずLEOPOLD BOSSERTの生地感を肌で味わうにはボトムが一番よいのかも知れません。

しかしながらBOCOがあまりにもヘヴィな生地なので苦手な方もいらっしゃいました。

今2017春夏では、新たなPACというコットン×ポリアミド素材が登場しましたので

今まで敬遠されていた方ご注目下さいませ。

IMG_0825

見た目は重厚なBOCOに近いですが、オンスもやや低くなり、穿きやすさも上昇。

それでいてヘヴィコットンの風合いも醸し出しているすばらしい生地です。

IMG_8975

たしかに伸縮性は0ですが、体にフィットするストレートシルエットは

着用者の体のラインをより美しく魅せます。

もちろんブランドのアイコンであるオーバーロックも忘れてはいません。

IMG_8981

IMG_8986

IMG_8982

共に5ポケットベースのデザインですので男性には取り入れやすいのではないでしょうか。

インディゴではないデニムや、ヘヴィに穿きたいパンツをお探しの方には

きっとご満足いただけるパンツだと思っております。

特にCAROL CHRISTIAN POELLなどのテーラリングベースブランドにはもちろんのこと、

BORIS BIDJAN SABERIなどのステッチワークが得意なブランドとも相性がよいので汎用性も高いですね。

まずは店頭でその生地感を手にとって感じて見てくださいませ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

IMG_0827

SHELTERⅡ 斉藤

Mail 

         

 

2017-18 AUTUMN & WINTER BUYING 4TH DAY 斉藤

16196008_581547725374153_3117991105680456464_n

16142871_581547735374152_9093840093392030814_n

バイイング4日目、本日で最終日となります。

最後に相応しいm.a+からスタート致します。

16142969_581547772040815_7220390441867839466_n

16195814_581547742040818_5602341959251828880_n

新シルエットが多数登場、パンツはワイド、ロングコートもAラインをベースとしたシルエット。

素材もダブルフェイスのチェック柄やヘリンボーン。

今までのm.a+を一新、海外からの反応も良いみたいですね。

16174531_581547765374149_6120974493034902135_n

新型の短靴も新しい木型で発表。新生m.a+に期待です。

16298405_581551968707062_1316641208545096973_n

バイイング最後はメゾンマルジェラ。

こちらの展示会場からはエッフェル塔が美しく見えます。

テーマ、アイテム紹介は禁止されておりますのでお伝え出来る範囲内で。

今回はマルジェラが得意とするワードローブをベースに物作り。

そこにガリアーノのスパイスが加わったムードです。

通常のレプリカから一癖プラスされたアイテム群。

ファッションを新たな視点で提案するメゾンマルジェラに注目ですね。

SHELTERⅡ

バイヤー斉藤

         

2017-18 AUTUMN & WINTER BUYING 3RD DAY 斉藤

 

16143204_581026038759655_8653468965625004310_n

バイイング3日目はコーネリアンタウラスからスタート。

16265223_581026045426321_2733639036105508804_n

今回のテーマはシンプルかつストレートにマテリアル。

素材を活かすためのシンプルなトートが新型です。

16115028_581026078759651_9172365704683321071_n

デザインがない分黄金比と白銀比を使用しより美しく見えるように作品造り。

拘った素材はステアマットシュリンク、ホースアルミなど今までに無い表情のレザーが登場。

16195452_581026062092986_2733624494018513180_n

また定番のクラッチを一回り小さくした新作もあり、バッグ以外も注目ですね。

最近好評の財布類も充実させたセレクトになりました。

16265800_581027955426130_1679641768838711653_n

ボリスビジャンサベリは展示会の写真がNGですので説明だけになります。

テーマはアンカーイズム、登山家からインスパイアされた作品群。

またベージュやカーキカラーなどは山の地層から生み出されております。

トピックとしてはジャージやニットなどボリスが得意とするアイテムが充実してました。

パーカーやハイネックなど見所満載です。

16142831_581030062092586_7754046803008772794_n

LABEL UNDER CONSTRUCTIONも展示会写真がNGですので説明だけになります。

今回大きなテーマは無くニットのテクニカル部分を提案。

一見布帛と思いきや非常にコンフォタブルな素材をジャケットに落とし込んでいます。

またエントリープライスのアイテムも強化し型、カラーも豊富に準備。

アイテムと価格面のバランスもとれた素晴らしいコレクションになりました。

SHELTERⅡ

バイヤー斉藤

         

 

2017-18 AUTUMN & WINTER BUYING 2ND DAY 斉藤

16265535_580551752140417_6958988585023368141_n

2日目はリックオウエンスからスタート!

前回から引き続きシルエットはトップスがタイト、ボトムはバキー。

展示会の写真は禁止されておりますので出来る範囲内でお伝えさせて頂きます。

16142421_580551758807083_1841824592327131028_n

リックが得意とするフライトジャケットシリーズはしっかりと押さえております。

ボンバー、フード付きボンバーは作り込みもよくストリートに映えるアイテムです。

またレザーからはホースレザーが登場。高額ながらも雰囲気のある素材に圧巻。

また新シルエットのドローストリングアステアパンツは要チェックですね。

 16265946_580556885473237_5862339283545002468_n

16195379_580556848806574_8661600633770652369_n

タイチムラカミは特殊な金属素材のセルビッチで提案。

通常工業用に使用される金属繊維を洋服に流用。

16174384_580556858806573_1104313104625452176_n

しなやかな金属繊維とラミー素材は他には無いでしょう。

16174653_580556872139905_3664643162629552136_n

その他、交わることのないアンインターセプトパターンやヘヴィジャージの新色とミリタリーを落とし込んだアイテム。

見所満載のコレクションとなりました。

16142948_580687002126892_4353823504553424073_n

16195778_580687048793554_7776896641554611347_n

ペテロオラウムは悪戯をテーマにコレクション発表。

16115075_580687005460225_1735376019831363097_n

16142861_580687028793556_3789676729990170383_n

昔障子に指で穴を開けた悪戯。そこからリンクして毛穴が特徴のピッグレザーが新素材です。

レースもリン酸なめしされた透明なピッグレザー。また障子の1枚紙から得意のワンピースパターンも健在。

16195052_580687022126890_7250672711498209801_n

新色は美しいアイスグレーのコードバンバット。

海外には無い丁寧で繊細な職人技に魅力されます。

16265922_580688195460106_5102541161909188184_n

本日ラストはワークスタットミュンヘン。

1日4社はかなりタイトスケジュールですっかり夜です。その夜に煌びやかに光るシルバージュエリー。

16266139_580688188793440_705182666849132940_n

テーマはトランスフォーマー、デザインに一癖加えて変化させることで新たなデザインを開発。

また始めから経年変化させたボーンシリーズなど随所にテクニックがみえるコレクションでした。

16195730_580688218793437_5476101231244555234_n

変わり種としてはギターストラップが、これはデザイナーのクラウスが普段ギターを弾くという事から。

私もギターを弾くので途中使用しているギターの話やシャーラー製ロックピンの話で盛り上がりました。

SHELTERⅡ

バイヤー斉藤

         

Buyer’s eye 「CODY SANDERSON」

bnr_big

現在国内外でも絶大な人気を博している

「CODY SANDERSON」

最近その希少さと人気故に問題が出てきました。

昨日、国内正規代理店のワールドスタイリングコーポレーション(以下WSC)の専務取締役赤坂氏と

ミーティングを行った際にその事態に直面しました。

img_9962

現在、当店SHELTERⅡはじめ国内の正規取り扱い店ではWEBサイト(主にショッピングページ)

での画像掲載が禁止されております。

これに関しては各ショップが独自のブランドイメージを打ち出すのではなく、

ブランドイメージを統一させることと

実際に各々がショップに足を運び作品を手に取ってみて欲しいという思いも込めた規約です。

(※イメージでの打ち出しは国内正規代理店WSC広報に申請し許可が出れば掲載可能です。)

その規約がまさに現在並行輸入業者、

また粗悪な偽物・類似品を扱う業者によって破られているのが現状です。

%e5%8a%a0%e5%b7%a5%ef%bc%94

実際にWEB検索で1ページ目の2番目、3番目にはそのようなサイトが検索結果に出てきます。

この為正規取り扱い店はWEB検索から遠ざけられ、

結果お客様からすると

3ページ、4ページ目に検索されるショップは信用の問題にも発展してきます。

お客様が安心して購入頂ける正規取り扱い店がこのような現状になる事は非常に悲しいことだと思います。

%e5%8a%a0%e5%b7%a5%ef%bc%93

国内正規代理店WSCがあらゆる手を打っても、

その隙間を抜けるといういたちごっこが日々繰り広げられております。

その現状を少しでも改善するために国内正規代理店WSCと相談した結果

ブランドを大事にしたい、ブランドと共に歩んでいきたいという気持ちで

正規取り扱い店の当店SHELTERⅡができる事は

【明確に本物のCODY SANDERSONをお客様に伝える事。】

(ここでは国内正規代理店WSCを通した商品とします)

そしてそのことがお客様を通じて国内に浸透していくこと。

%e5%8a%a0%e5%b7%a5%ef%bc%91

その第一歩目として正規取り扱い店で購入すると付属してくる品を紹介させて頂きます。

現時点で正規取り扱い店で購入すると以下の付属品がございます。

RING・PENDANT・CHAIN・others の場合

img_0531

ギャランティカード・巾着袋

CUFFの場合

img_0523

ギャランティカード・専用BOX

まず商品に上記付属品が無ければ平行輸入品か類似品となります。

img_0524

img_0525

また最近は独自のギャランティカードを付属している業者もございますので

画像のギャランティカードをご参照頂きご確認下さいませ。

長々ご説明させて頂きましたが、

お客様がどの店舗・サイトから購入するかはもちろん自由だと思います。

賛否両論あると思いますが、日本で展開しているCODY氏の意、ブランドのことを思い

1人でも多くのお客様がこの現状をご理解して頂ければ「CODY SANDERSON」デザイナーのCODY氏も

きっと喜んでいただける事だと私は思います。

Exif_JPEG_PICTURE

img_6317

img_5557

また突然のお知らせなのですが

そのCODY氏が12月9日(金)にSHELTERⅡに訪問します。

初の関西、初の神戸を楽しんで頂くよう是非お客様にも来店頂きたいと思っております。

時間は予定で15時ぐらいとなっておりますが、多少前後すると思います。

運よく来店が重なった際には記念撮影やサインを可能と聞いておりますので

是非この機会にCODY氏に会いにいらしてくださいませ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

SHELTERⅡ

斉藤 正樹