Shelter2 のすべての投稿

2020 A/W taichimurakami 【服に込められたメッセージ】

先日店頭では2020 A/W taichimurakamiが入荷してきました。

以前バイイング内容をインスタで投稿しましたが、2020 A/Wコレクションの中でもtaichimurakamiは私自身ナンバーワンの素晴らしいコレクションだと思います。

展示会ではアイテム個々の魅力はもちろん、これほどまでに作品に対してのプロセスがあり、それを可視化するインスタレーションには感動を覚えました。

ご存知の方もいると思いますが、taichimurakamiの洋服に使用されている生地は村上氏が糸から選出したオリジナルの生地が使用されています。

※写真は使用しているカシミアの糸になる前

本来、他ブランド含め出来上がった生地を説明するのがポピュラーなのですが、今回のコレクションは使用されている糸からtaichimurakamiのストーリーが始まります。

今回、村上氏のDNAが注ぎ込まれた糸は “紙”です。

これは衣料用に開発された “紙” なのでもちろん強度面も問題無し。

もちろん単純に  “紙” を使いました、ではなくここからタイチムラカミワールドが始まるのです。

まず、この衣料用の “紙” にプリントアウトしたものは自身のアイデンティティ。

自身のクリエイションならではの村上太一(taichimurakami)という言葉がループされ、これはtaichimurakamiの作品なんだ、という事が糸の段階でメッセージとして組み込まれているのです。

もはや人間でいえば細胞レベルの事を洋服で表現。

さて、この プリントされた “紙” がどのように糸になっていくかというと、まず写真(手前)の様に “紙”  を切り出します。  この段階では平紐のような感じですね。

その切り出した “紙” の紐に撚りをかけて糸にしていくわけです。(写真奥)

そうして出来上がった糸はプリントされたインクの黒が見え隠れし、独自のメランジのような表情になります。

写真は紙糸×紙糸の生地の展示品

生地にして遠目から見ると薄っすらグレーっぽく見えるのが分かりますか。近寄るはっきりプリント部分が見えるのです。

2020 A/Wシーズンはこの紙の糸をオリーブ色に染め、カシミア、ウール、ブリティッシュウール等と掛け合わせたオリジナルの生地を製作し作品に落とし込まれております。

さらにこの紙の糸は使用するごとに雰囲気が増し、他の素材と相まって魅力が増すとのとこ。

展示会でこの説明を村上氏から直々に聞いていた私は、その魅力にどっぷりハマリ、気が付けばこの紙の糸を使用したアイテムを個人オーダー。これが展示会あるある。

 

とここで個人オーダーアイテムも紹介しておきます。

WORSTED WOOL(梳毛)× PRINT PAPER(紙糸)を使用したdouble breasted blazerです。梳毛×紙ゆえにさらっとした肌触りはクセになります。

せっかくならセットアップでと考えるよりも先に脳内反射で同生地のpleated L/C TRSもオーダーしていました。

(あと新作のバッファローホーン眼鏡も買ってしまいましたが長くなったので次回以降紹介します、、、)

百聞は一見にしかず、と言ってもこの紙の糸に関しては洋服の段階で見ても分かりません。なので今回長くはなりましたが写真を使ってちょっとばかり説明させて頂きました。

村上氏のDNAを肌で感じたい方、是非店頭でお待ちしております。

SHELTER2   斉藤

MULTIPLE SILVER STAPLES

まだ少し残暑は感じますが、ようやく酷暑の夏が終わり、「今日、涼しいかも」と思える機会も増えてきました。

ほぼTシャツ・短パンで夏を満喫された方々も、

徐々にパンツの丈を長くしたり、軽くシャツを羽織ったりと季節の変化を楽しまれていることと思います。

とは言えまだまだ秋物がっつり着込んでお出かけとはいかないこのタイミング、

店頭にお越しのお客様はどうやらブーツが欲しそうです。

BACKZIP MULTIPLE SILVER STAPLES SHORT BOOTS / m.a+

特に気になるとお声をいただくのがこちら。

今季新作のアンクルブーツは、ブランドお馴染みのシルバーステイプルを4発。

クロスが好きになると何故かこのシルバースタッズが寝ても夢に出てくるそうで、

全面”+”スタッズのレザーベルト(EQ2C)は当店でも人気商品。

先日ブログでご紹介した600発以上の”+”スタッズ打ち込んだ商品をオーダーくださる

熱狂的なファンの方もいらっしゃいます。

そんなファン心理はあくまで前置きとして、贔屓目なしでこのデザインはお勧めができます。

靴好きの方々は今まで、レースアップ、ジップ、ベルトタイプなど、多くのアイデアのブーツを経験されお持ちの事かと思いますが、このデザインあまり多くは目にしないちょっとした変わり者。

多くの方から反応をいただいている理由は、自分の持っていないタイプとこのブーツを認識いただいているからかもしれません。

あくまでレースアップブーツのようにデザインし、フロントをステイプルで固定する。

単なる飾りではなく、ブランドのアイコンがしっかり機能として用いられていることが、このシューズのポイントです。

ちなみにこのデザイン、過去にも同ブランドからリリースされたことがありました。

ですがその際はこの金具一つ一つが開けられるように出来ており、着脱にそれなりの手間が。

今回はバックジップ仕様となり、着脱がスムーズに。

もちろん靴好きとしてまずはカッコよさを優先したいところですが、それに加えて楽さが加わることに何も文句はありません。

素材はブランド定番のカウレザー”VA”でご用意しており、履き込むことでの革馴染み、表面の変化、立体的な皺などがお楽しいいただけますが、そこでポイントとなるのが着用頻度。

やはり歩きやすさ、履きやすさが伴い、歩く機会が増えなければ、その醍醐味を大きく味わう事はできません。

このシューズを軸にご自身のベストスタイルを組みたくなる余所行き感と、

ちょっとしたお出かけのラフなシーンに、靴ぐらいは良いのを履いておこうかと思わせてくれる手軽さ。

このブーツは両方を兼ね揃えていて、実際そういう靴が一番育ちます。

サイズ欠けもございますが、フィット感などのご質問もどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ふとインスタグラムを開くと、こんな投稿も。

お気に入りの靴を履くと、ついこのアングルで写真を撮りたくなりますね。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

      

 

Our customers vol.3

先日ご来店のお客様の”GUIDI”。

こちら昨年のトランクショーにてオーダー頂いたアイテムです。

今年6月のお渡しから約3か月で、非常に良いシワと馴染みが出てきておりました。

休日のお出かけなどは積極的にこちらを選んでいただいて、履き心地も日々良くなってきているとのこと。

甲の部分のシワだけでなく、お客様の足型に合わせてサイドの部分にも馴染みが見られます。

ここまでくるともう自分だけの1足。

今後さらに増えてくる小傷や小シワによる、より豊かな表情への変化が期待できます。

レーベルのショーツと合わせた素敵なサマースタイル。

撮影のご協力誠にありがとうございました。

JOGGING PANT / ago

この日のお客様の一番の目的は新入荷の”ago”。

入荷の2時間後にはご来店いただき、以前より楽しみにお待ちいただいていたパンツをお持ち帰りいただきました。

当店では最速、世界的にもかなり早いご購入になるかと思います。

記念にこちらもお写真を1枚。

是非そのあたりもひとつの思い出にしていただき、末永くご愛用いただければ幸いです。

先日HPにもすべての商品を掲載いたしました。

“ago” collection

ご質問などもどうぞお気軽にご連絡くださいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

      

“ago” by Luca Laurini

本日、期待の新ブランド”ago”(アゴ)のファーストコレクションが到着。

皆様からのご期待の声も多く、我々もお披露目の時を楽しみにしておりました。

2020AWよりスタートとなる新ブランド”ago”は、LABEL UNDER CONSTRUCTION(レーベルアンダーコンストラクション)デザイナーであるLuca Laurini(ルカ・ラウリニ)氏が手掛ける新プロジェクト。

世界トップレベルのニットを作り続けてきたルカ氏が、日々の生活に着目した商品を提案します。

“レーベル”の持ち味であるスタイリッシュな部分は反映しつつ、よりカジュアルでリラックスしてお使いいただけるデイリーウエア。

職人気質で実直な彼の作品ですので、もちろん細部まで拘り抜かれており、着心地、素材の質が良いことは言うまでもありません。

当店のラインナップとしては気軽に羽織っていただけるカジュアルジャケットをメインに、ニット、パンツなどをご用意。

家でそのままくつろいでいただける程の、着心地優しいファブリックの数々は、長年ニットと向き合ってきたルカ氏ならではの仕上がりです。

昨年より始動していたプロジェクトですので、このコロナ禍を受けて作られたわけではないのですが、

昨今のライフスタイルの変化に合わせ、服好きの方の多くが求めている高品質なデイリーウエア。

現代にとてもフィットしたコレクションです。

こちらは今年1月の展示会場でいただいたドリンクと甘いお菓子。

なんとルカ氏が直々に運んできてくれて、「どう?おいしい?」ともてなしてくれました。

そのニットへの異常な拘りと情熱だけでなく、とてつもなく優しい心の持ち主である彼。

軽さ、柔らかさ、肌当たりなど非常に繊細な部分への配慮が必要となるニッティングを極めていくことで、

自然と優しく、人を思いやる気持ちが磨かれていったのかもしれません。

皆様にもぜひ”ago”の商品に触れて頂き、そのデザイナーの人柄も感じ取って頂ければ幸いです。

先ほど検品を終え、早速エントランス入ってすぐの場所に展開いたしました。

まだまだ外は暑さが残っておりますが、是非秋を感じていただければ幸いです。

現在HPの更新作業も進めており、近日中にアップができるかと思いますので、どうぞもうしばらくお待ちくださいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

      

Customer’s special order vol.4 「CAROL CHRISTIAN POELL Four Pocket Pony 」

【Customer’s special order】 では店頭展開していない、当店の顧客様が特別にパーソナルオーダーしたスペシャルなアイテムをご紹介致します。

CAROL CHRISTIAN POELL

LM/2636-IN PONY-PTC 1919

Four Pocket Pony

今回もかなりスペシャルな一品。

強烈なインパクトを放つこのアイテムは、ポニー(馬)一頭分のレザーを丸々使用したレザーパンツ。

さらには素材の使い方だけではなく、ファンの方ならご存知のワンピースパターンでの仕上げ。

間近で見ると唸るほどの威圧感。

折り返した裾あたりにコードバン層を持ってくるあたりもツボをつくデザイン。

ミラノのCCPのアトリエで聞いた話では、ポニーも様々なサイズがあるので、製作可能なサイズを一枚づつ確認し仕分け、

中には破れていたり、傷があったりする場所もありますが一枚使いなので、写真のポケットのようにリペアを施しながら無駄無くレザーを使用します。

リペアもさることながらそもそも革一頭で製作するあたりが本当にクレイジー。

CCPサイドも【特に理由なんか無い、一頭で作りました】って感じ。

現代、多数のハイブランドのコピー商品が蔓延る中、「コピー出来るならやってみろ!」と言わんばかりのインパクト。

説明に熱が入っていると、早速

オーダーされていたお客様も試着をしにご来店頂きました。

お客様も見た瞬間、想像の何倍以上のインパクトとカッコよさで思わず唸っていました。

レザーパンツにサンダルが合う!って言ってもさすがにこの時期に履くのは無理ってご様子。

でもクロップド丈故に本当にサンダルとの相性良いですよね。(なかなかクロップド丈のレザーパンツなんて無いから、、、)

サイズもバッチリで一安心、仕上がりにも感激&大満足。

秋口にはCCPのGジャンと合わせたいとの事。是非また見せてください。

厳しい残暑が続きますので店頭では冷たいビール(ハイネケン・黒ビール)をご用意してお待ち致しております。

SHELTER2   斉藤

“BORIS BDJAN SABERI” COLLAR

ご来店のお客様から「これは何ですか?」とよくご質問をいただくこちら。

いま振り返ると私もバイイングの際に、

ブランドスタッフに同じ質問をした事を思い出しました。

ブランドスタッフの「なんだと思う?」という質問返しに対して、

私は「ライト!」と威勢よく回答したように思います。

実際ご来店のお客様の予想も「ライト」が一番多い気がしますが、残念ながら不正解。

事前情報無しに予想的中となった方はいらっしゃいません。

中央の筒部分は、回転させると固定部分が緩む仕様になっており、回していくと写真の様に一部スペースが生まれます。

そのまま中央の筒をぐるっと反転させると中は空。

この時点で「小銭入れでは?」という鋭いご意見をいただいたお客様がいらっしゃいましたが、

実際確認してみるとサイズの問題で1円玉しか入りませんでした。

MATCHBOX COLLAR 925 / BORIS BIDJAN SABERI

実はこちらはマッチ入れをモチーフとした、ユニークなデザインのネックレス。

100年以上の歴史を持つアメリカのアウトドアメーカーが作り続けている、伝統的な防水ケースから着想を得て、

全てシルバー925で製作した非常に贅沢な1点です。

商品名にもある”COLLAR”はスペイン語で首飾りを意味します。

実際首から下げると写真のようなバランスに。

紐の長さは首の後ろのストッパーで調節が可能です。

どこかレトロで工業的。男心をくすぐります。

一目見ただけでは何かわからない、不思議な存在感ではありますが、

かえって特にセオリーがなく、お好みのスタイルに合わせられるのもこのアイテムの良いところです。


店内ショーケースに入れて展示しておりますので、

ご来店の際は是非お声がけいただき、手に取って商品ご覧くださいませ。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

      

Maison Margiela 【STEREOTYPE】

STEREOTYPE 【ステレオタイプ】とは?

メゾンが提案する普遍的な定番アイテムを再定義するコレクション。17年春夏から本格的にスタート、それまでは3パックTシャツにパッケージのデザインとして採用。

カセット化することでより定型化に特化し、定番を表現するというメゾンらしい一捻りある打ち出し。

このようなブランディングもマルジェラらしい遊びを感じますね。

毎シーズン新作も続々登場、、、しては意外とワンショット生産も多いのでデザインによっては次シーズンは生産してないってことも多々。

このMINI CAMERA BAGも次の21春夏シーズンはモデファイされレザーパイピングがデザインで追加されます。(黒レザーのパイピングなので黒以外は2トーンになります。)

純粋のコーデュラナイロンが好きって方は2020秋冬のワンシーズンのみ手に入れられるのでこのデザインがお勧め。レア化するかも。是非無くなる前に!

実は私もこのMINI CAMERA BAG購入しました。大きさ、デザイン、素材すべてがいい塩梅。

Tシャツ時期はもちろん、シャツやジャケットに内側にさらっと忍ばせておいて4ステッチをチラ見せ。

気に入り過ぎて最近も気になり始めました。

他のデザインもあるので是非ご覧下さい。

厳しい残暑が続きますので店頭では冷たいビール(お茶・ジュース)をご用意してお待ち致しております。

SHELTER2   斉藤

Our customers vol.2

先日ご来店の20代前半のお客様。

“CCP”愛が非常に強く、私も毎回その熱量にお答えするべく、ついつい話過ぎてしまします。

この日もお昼ごろから夕方までじっくりと店内お楽しみいただきました。

スタイリングもとても素敵でしたので、少しご紹介させていただきます。

過去の”CCP”の名作を織り交ぜたとても素敵なサマースタイル。

以前お買い上げいただいたベルトの青が目を引きます。

そしてこの日はこちらのボリスの新作ミニバッグに目を留めていただき、早速スタイリングにプラス。

夏に活躍するイメージのミニバッグですが、秋冬のアウターの内側に忍ばせていただくのも非常におすすめ。

こちらのお客様もいつかは必要と思いつつも、まだお持ちでないという状況でしたので、

今回のタイミングでミニバッグデビューをしていただきました。

そしてなんといってもこの日のメインは”CCP”のシューズ。

ずっと気にされていたアイテムを、ついにお持ち帰りいただきました。

次回のご来店の際は、是非ご着用の上ご来店くださいませ。

撮影ご協力誠にありがとうございました。

昨年より展開している”CCP”の”IN BETWEEN”シリーズのシューズには、すべて写真のようにオリジナルバッグと重厚な金具が付属いたします。

新しい服や靴、前から欲しかった何かを買ったときの達成感。

その喜びの引き立て役として、こういった付属品の存在も私は大きく感じております。

実際当店で同様のアイテムをお買い上げのお客様の中には、この袋のままハンドルに手をかけてお持ち帰りいただくケースも。

もしかするとキャロル氏自身もそういった情景を思い描き、この演出を採用したのかもしれませんね。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

      

“SHELTERⅡ” 営業再開のお知らせ

5日間の夏季休業をいただき誠にありがとうございました。

本日より”SHELTERⅡ”の営業を再開いたします。

現在のお店のウィンドウは”m.a+”の世界感をイメージ。

日が落ちてくると写真のようにライトアップされ、幻想的な雰囲気をお楽しみいただけます。

ご来店の際はぜひこちらご注目くださいませ。

1F  (Maison Margiela × toogood)

各フロア、すでに入荷している2020秋冬の商品をメインに店内ゆっくりとお楽しみいただける環境を整えております。

B1F  (BORIS BIDJAN SABERI × GUIDI)

B2F-1   (m.a+)

(taichimurakami × cornerian taurus by daisuke iwanaga)

B2F-2 (CAROL CHRISTIAN POELL × DEEPTI)

まだまだ夏の暑さ厳しい日々が続いておりますが、皆様のご来店冷たい飲み物ご用意しお待ちしております。

SHELTERⅡ

Mail                TEL