2020 A/W m.a+【エムエークロス】 C310 WVSH バイイングを振り返ってみる

先日入荷したm.a+の新作の中からバイイング時に思い入れのあるコートがあります。

C310 WVSH HIGH COLLAR WIDE COAT  (ハイカラーワイドコート)

このコートが納品される半年前、パリのバイイング時のお話です。

m.a+の展示会場には数多くのサンプルが並びますが、1型に対して1生地のみのサンプルしか無く、例えば違う生地で製作したい場合は生地スワッチやその生地を使用しているサンプルを見ながら決めます。

おおよそ4cm×3cmほどの生地サンプルを眺めながら、想像を膨らませ、洋服にした時の生地感や重量、型に対しての生地セレクト良し悪しなど、注意点がかなり多いのです。

そんなリスクがある中、サンプルから良さそうな生地(写真左)を発見、今回は柄物に惹かれました。

早速ハイカラーワイドコートで検討してみます。

実際の展示会では写真右のサンプルが並んでおり、生地スワッチは4cm×3cmだと柄が分からないので左写真で確認。

想像力豊かでもこれは難しい。

実はこのような柄物の生地の場合、マウリツィオ氏が考える最高の柄の配置を自身で決めます。

一瞬かなりトリッキーな配置になったら、、、とも思いましたが、マウリツィオ氏にかかれば僕らみたいな並みの人間には出来ない素晴らしい配置になると思いオーダーしたという流れです。

それで先日入荷したコートを見たときには想像以上の出来に感動。

絶妙なシンメトリーとアシンメトリーのバランス感、さすがのマウリツィオ氏です。このコートに対して最高の配置はこれなのです。

実はライニングにも拘り、ブルー系のウール・ポリアミド・エラスタン素材。裾からちらりと見えるところがポイントです。

そんな最高のコート、気に入ったお客様の特別でありたいという思いで46サイズの1着のみ製作しました。

このハイカラーワイドコートは46サイズでおおよそ44~48まで対応できるぐらいのレンジ幅も魅力。

実際に試着してみるとさらに良いのが分かりますね。

気になった方はまずは試着してみてください、コートとは思えぬ軽快さ、これでハートも鷲掴みです。

ご来店、お問い合わせお待ちしております。

SHELTER2 斉藤

2020AW “m.a+” 1st delivery

昨日”m.a+”より新商品が到着いたしました。

イタリアの方も”COVID-19″の影響を受けて、多くの制限や苦労がありながらも、

こうして例年通りのタイミングで、素敵な作品を店頭に並べられること、大変嬉しく思っております。

本日はせっかくですので商品到着から店頭に商品が並ぶまでの一部をご紹介。

まず最初にクロスの到着を実感するのがこのパッキング。

十字に貼られた赤いテープと1面を覆う”m.a+”の文字。

粋な演出に気分を高ぶらせながら、いざ開封していきます。

箱を開けるとオリジナルパッケージがずらり。

2019秋冬シーズンより、この外袋もすべて残布を用いたものになり、1点1点生地が異なります。

時折レアな柄生地や懐かしい生地が含まれている場合があり、発見するとテンションがあがります。

確認書類と内容品が間違いないか1点ずつチェック。

根気強く検品を進め、ようやく終わりが見えてきたかと思いきや、次はサイズの小さい雑貨、小物。

こちらも漏れの無いようチェックを行います。

時々先に試着して鏡の前に立ちたくなりますが、いったん我慢して作業に集中。

丸1日かけて検品を完了しようやく商品が店頭に。

新鮮な商品がお店に並ぶ瞬間は本当に眩しく、店内がぱっと明るくなります。

現在”m.a+”の新商品は地下2階の中央に堂々と展開中。

皆様に御覧いただくのをスタッフ一同心待ちにしております。

現在引き続きウェブページの更新作業も進行中です。

明日にはアップができるかと思いますので、こちらも是非楽しみにお待ちいただければ幸いです。

-SHELTERⅡ 夏季休業のお知らせ-

8月17日(月) ~8月21日(金)

上記の期間中、当店は休業とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

その他8月は定休日の水曜日を除き、11時30分~20時まで終日営業いたしておりますので、

是非昨日入荷の”m.a+”含め、当店でファッションと楽しいひと時をお過ごしくださいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

SHELTER2  山崎

Mail                TEL

      

【BORIS BIDJAN SABERI “WORK COAT2” が選ばれる理由】

梅雨が明けると一気に暑くなりましたね。梅雨時期は早く明けて欲しいと思いながら、明けたらこれです。

毎年のルーティーンながらこの時期に秋冬の服を紹介することに多少の疑問も覚えながらも、入ってきたからには早く見て欲しい、という気持ち。

ということもあり、今回は商品のデザインというよりもなぜ?このアイテムをセレクトしたかについてお話ししようと思います。

※リバーシブル仕様で裏返した状態(一枚目の写真が表)

年々暖冬になりつつある日本において、秋口に羽織るものが無いという事がありませんか?私は最近よく思います。

海外の展示会でもそのことをいつも思いながらアイテムチェックしているのですが、さすが秋冬コレクションという事もあり大体がヘヴィーなアウターメインでウールとカシミアのオンパレード。

その中で見つけたのがこのBORIS BIDJAN SABERI の”WORK COAT2″なのです。

BORIS BIDJAN SABERI  WORK COAT2

まず素材はコットン100%、ライニング無し(ダブルフェイスのリバーシブル仕様)と良い条件をそろえながら、

さらには製品染め故に水洗いも可なので汗ばむ秋口に着用してアウターが汗まみれ、なんて時も自宅で洗える優秀さ。これ大事です。

※製品染めなので色落ち、色移りだけ注意が必要です。

さりげなく動きのあるアーム部分はジャージ素材と計算された機能性とデザイン性。

寒さに強い方なら1月もインナーにニットを着用すればいけそうなところもなんか魅力的。

ロンTと合わせるとこのような感じです。

裏無しのコートならこの暑さでも試着したくなると思います。まずは一度お試し下さいませ。

最後に上の写真は昨日インスタグラムに投稿した写真なのですが、すごくおしゃれな外国の方から「すべてが完璧!!」と褒められました。嬉しかったのでまた撮影頑張ります。

またSHELTERⅡは昨日8月3日で17年目を迎えることが出来ました。支えてくださるお客様のおかげで、こうして成長を続けられています。本当にありがとうございます。

上記のパンフレットはオープンの時に配られた物です。取り扱いのブランドは変化しましたが、当時からのコンセプトは変わらずに今も生き続けています。

今後も変わらず「男の隠れ家」として皆様にファッションを提供し続けられるように努力して参ります。

また店頭でも思い出話など出来たら嬉しいですね。

ご来店お待ち致しております。

SHELTER2   斉藤

Our customers vol.1

昨日もお暑い中、多くのご来店ありがとうございました。

こちらは撮影許可をいただきました、いつもお越し頂いているお客様。

1月のバイイングブログでご紹介した時からずっと注目いただいていた

20秋冬”cornelian taurus by daisuke iwanaga”の新作バッグを昨日お渡しすることができました。

昨日のデニムスタイルにも非常に相性がよく、その日身に着けていミニバッグを新しいバッグにしまい込み、

気分を新たにお帰りいただきました。

デザイナー岩永氏もキレイなラインを表現するのに苦労したと話されていたジップのデザインも印象的。

しっかり使い込んでいただき、革の変化や使い心地などまたリアルなお声を是非お聞かせくださいませ。

足元は昨年11月のトランクショーでオーダーいただいた”GUIDI”のダービーシューズ。

2か月ほど履いていただき、足馴染みも非常に良いとご満足いただけているようで大変嬉しく思います。

なんといっても45(30cm)の足元は非常にインパクトがありますね。

この度は撮影協力いただき誠にありがとうございました。

昨日からリニューアルした”Blog.2″ではお客様スタイルもたくさんご紹介させていただきたいと考えておりますので、

お声がけさせていただきました際は、ご協力いただければ幸いです。

何卒よろしくお願い致します。

SHELTERⅡ 山崎

Mail                TEL

      

BLOG.2 始めます 【CAROL CHRISTIAN POELLを求める10代、20代】

いつもSHELTER2 BLOGをご愛読頂きありがとうございます。

題名にもある通り、この度ブログを改名して新たな発信を行っていきたいと思います。

会社より「商品説明ではなく、よりリアルなことをお客様に伝えた方が良いのでは?」と言われ、

確かに商品説明はショッピングのページでも観覧出来ますし、

そもそも知っている商品も多いってお客様も少なくは無いかなと。

内容に関しては特にこれといったルールに縛られずに当店の出来事やトピック、お客様とのやり取りやスタッフの思いなど、ある程度自由に発信できる場として運営していきたいと思います。

ブログは新たな発信場所として、インスタグラムは今まで通りのスタイルやイメージを発信していく予定ですのでどちらもチェック頂けると幸いでございます。

それでは記念すべきスタートにあたる本日8月1日は、私が最近気になる出来事

【CAROL CHRISTIAN POELLを求める10代、20代】についてお話させて頂きます。

「アルチザンって言葉最近知りました。」「キャロルクリスチャンポエル見るの初めてです。」等、

最近10代から20代前半のお客様から聞くことがあり、ネットやインスタグラムで調べたとよく聞きます。ほんと素晴らしい事ですよね。私が知った20代前半から第一線で活躍するブランドが今でもこんなにも愛されていると実感します。

※本日8月1日タイムリーにレザージャケットをご購入された20代のお客様

それはアラフォーの私からすると非常に興味深いと同時に嬉しさもあり、次世代のファッションマニアが出てきたなと。

もちろんこちらも求められたら倍返し以上に歴史や背景、実際の商品の説明など伝えます。すると思った以上の反響があるのでほんと伝え甲斐もありますね。

例えばミラノのナビリオ川にて人を流したコレクションを発表したことや、オブジェクトダイのパイオニア、ミラノのアトリエの事などこちらから伝えること全てに感動し、また興味を持つ。

ファッション業界に携わって20年弱、そんな原点のような熱い気持ちを思い出させてくれるのが【CAROL CHRISTIAN POELLを求める10代、20代】なのです。感謝ですね。

現代は気になった物、ことがあればすぐにスマートフォンで調べられる便利な時代、しかし誰かが言ったことや、ネットに掲載していることが全て正しいと錯覚し、自身の知識や経験として取り入れてしまう危険な時代でもあります。

実際に店頭で商品を手に取り、スタッフから接客を受け、見て感じることが一番。

私が接客させて頂く方には、ネットでは絶対知れないとっておきな情報も伝えてますよ。

そうです、これが店頭の特権です。

※20201.21 CCPアトリエ前にて

とっておき情報を伝えるきかっけになったのは

ミラノのCAROL CHRISTIAN POELLのアトリエを訪れた時に言われた一言。

「訪れた人にはきっといいことがある」と。これぞおもてなし精神。

そんな世代を超えて愛されるCCP、只今店頭では先日の入荷でレザーやシューズ類の展開も充実しております。まずは実際に見て頂くことが一番、店頭でお会いしましょう。

長くなりましたが、このような感じで今後も発信していきますのでゆっくりとお付き合いくださいませ。

今後ともBLOG.2をよろしくお願い致します。

SHELTER2   斉藤